NEW

史上最強世代の「ヨシオ」が働き過ぎ……?3歳夏で「キャリア22戦」一流ブラック企業も真っ青の「皆勤ホース」が狙うはJRAの大記録!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1998年12月にデビューしたハートランドヒリュだが、2006年3月の最後のレースまで積み上げたキャリアは驚愕の127戦。10歳まで息の長い活躍を続けたが、生涯獲得賞金は1億3000万円に上る。

 地方ならまだしもJRAで普通に競走生活を送っている限り、まずたどり着けない前人未到の大記録だが、ヨシオが今の勢いで今後も走り続ければ、十分に記録を更新する可能性もある。

 実際にハートランドヒリュが、3歳8月の時点で積み上げていたキャリアは15戦。デビュー時期の関係もあるが、ヨシオの3歳8月の時点でのキャリア22戦は最多記録を大きく上回る”ハイペース”だけに期待が持てるというものだ。

 ただ、ヨシオがハートランドヒリュの記録を上回るには、意外にもその高い能力が”ネック”になるらしい。

「ハートランドヒリュの主な勝ち鞍は1000万下の名鉄杯で、キャリアの大半を出走レースの選択肢が豊富な1000万下の条件馬で過ごしています。しかし、ヨシオは現時点ですでに2勝しており、前々走も1000万下で3着。今後の成長次第では、OPクラスに上がる可能性もあります。そうなってくると使えるレースが限られてしまい、今のような無理使いはできなくなる可能性が高い。もしもOP以上で勝てば、今度は斤量の問題でますます使えるレースが限られてしまいます」(同)

 まさか、自身の能力の高さが”足枷”になるとは……そんな競走馬は、ヨシオくらいのものかもしれない。

 ちなみにヨシオにはノリミという1つ下の妹がいる。やはり仲山氏の所有馬であり、やはり森厩舎の管理馬である。そして、やはり6月にデビューしてから、すでに2戦を消化している。

 果たしてノリミも兄ヨシオの”道”を辿るのだろうか……兄妹の今後に注目だ。

史上最強世代の「ヨシオ」が働き過ぎ……?3歳夏で「キャリア22戦」一流ブラック企業も真っ青の「皆勤ホース」が狙うはJRAの大記録!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!