NEW

ゴリラと話せる調教師? 武豊も驚愕した『ゴリラ愛炸裂』の写真集がついに発売!

【この記事のキーワード】, ,
61npzV04TzL._SX384_BO1,204,203,200_.jpgGORILLA MY GOD (サンマガジンムック)

 ゴリラが好きすぎる現役のJRA調教師。

「ゴリラとも話せるなんて知らなかった」と武豊騎手がコメントした事でも話題になった小桧山悟調教師(62)の写真集『GORILLA MY GOD 我が神、ゴリラ』がついに発売された。

 小桧山師は2008年の日本ダービー(G1)2着馬スマイルジャックを管理していた実績を持つベテラン調教師だが、ゴリラ愛好家としての顔も持つ事で知られている。

 親の都合で学生時代をナイジェリアで過ごした際に、学校近くの動物園ですっかりゴリラの虜になった小桧山師。調教師になったあとも、合間を縫って全国の動物園のゴリラを見て回るほど”ゴリラ愛”に満ち溢れている人物だ。

 以前、野生のマウンテンゴリラを撮影した際に「近づいたらゴリラに裏拳で3メートルぐらいぶっ飛ばされちゃったんだよ。もう嬉しくて」とコメント。

 一歩間違えば大けがへ繋がる出来事であったにも関わらず、「ゴリラが遊んでくれた」と表現する小桧山師。このエピソードだけでも、彼の”ゴリラ愛”が本物である事は容易に伝わってくる。

 そんな小桧山師。今月6日には『馬を巡る旅』という本も出版している。以前に「ゴリラの研究者になりたいという気持ちもあったが、同時期に出会った馬にも心魅かれた」とのコメントも発表しており、馬とゴリラへ特別な愛情を持っている事は間違いない。小桧山師の行動を見ていると、根っからの”写真好き”であり生粋の”動物好き”なおじさまなのではないかと思えてくる。

ゴリラと話せる調教師? 武豊も驚愕した『ゴリラ愛炸裂』の写真集がついに発売!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?