NEW

木村拓哉以外「ライブ拒否」SMAPの窮状……解散回避もキムタクブランド崩壊で、工藤静香も苦肉の「主張」?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LIVE0910.jpg

 いまだ解散騒動の火種がくすぶるSMAP。最近では退社した元マネジャーが「週刊文春」(文藝春秋)のインタビューに応対したが、特に核心に迫り何かの解決策が出されることもなかった。

 そんな中、「女性自身」(光文社)がSMAPの25周年記念コンサートに関し、木村拓哉以外の4人が首を縦に振らなかったという情報を掲載。やはり木村と他メンバーの溝が深いことを象徴するような話ではある。一応、契約が切れる今年9月での解散などはないようだが……。

 全員が久々に揃った先日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)でも、「ビストロSMAP」のコーナーで木村と他メンバーのあからさまなギクシャク感ばかりが取り上げられていた。もはや視聴者からしても、SMAPに対し注目してしまう点は「5人の関係性」になってしまっている。そのような状況で5人でライブすることを拒否するのは、ある意味自然だ。

 解散騒動以降、ジャニーズ事務所の側についた木村の「厚遇」に関するニュースは非常に多く出回った。『スマスマ』で木村単独の特別編を放送した際も「木村のイメージ回復」と揶揄され、印象は下降する一方である。

事務所独立画策の際に「裏切り」を見せたとされるキムタクの印象はこのまま下り坂を続けていくのか。少なくとも4人がライブを拒否し、木村だけが乗り気という状況が、よりマイナスイメージを増長させているような……。

 そんな中、木村の妻である工藤静香が、自身のメルマガで騒動に関し言及していることが話題になっている。

木村拓哉以外「ライブ拒否」SMAPの窮状……解散回避もキムタクブランド崩壊で、工藤静香も苦肉の「主張」?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!