NEW

世界最強ダート馬のカリフォルニアクロームが今年度の引退撤回か 「現役強行」の理由は来年新設「ドリームレース」の超高額賞金

【この記事のキーワード】, ,
CARIFORUNIA.jpgカリフォルニアクローム「Maryland GovPics – Flickrより」

 世界最強ホースも、やはり”マネー”の力には勝てないのか……。

 今年のドバイワールドカップ(G1)をレコードで圧勝し、現在ダート馬で世界最強の評価を受けているアメリカの2冠馬カリフォルニアクロームは当初、今年一杯での引退が予定されていたが、どうやら来年も現役を続行する可能性が高まってきたようだ。

 今年上半期の「ロンジンワールドベストレースホースランキング」で日本のエイシンヒカリに次ぐ、第2位に評価されたカリフォルニアクローム。ダートでは世界一の評価となるが、ドバイワールドカップからの復帰戦として7月23日にサンディエゴH(G2)に出走。見事、完勝している。

 当面の目標は8月20日にサンディエゴHと同じデルマー競馬場で行われる「真夏のダート最強馬決定戦」パシフィッククラシック(G1)。順調にいけば、その後はステップレースを挟んでブリーダーズCクラシック(G1)で現役を終える予定だった。

 しかし、カリフォルニアクロームがサンディエゴHを勝利した後、管理するアート・シャーマン調教師が来年の現役続行を示唆。「世界チャンピオンの種牡馬入り」というプランを崩してまで現役にこだわる理由は、どうやら来年1月に新設される「ドリームレース」に出走するためのようだ。

 以前にも本サイトの『出走するだけで「1億円」の支払い!? 世界最大「賞金総額13億円→コチラ」のレース誕生に世界中の競馬関係者が騒然(リンク)』で紹介したが、北米最大の競馬運営会社であるストロナックグループの主催で新たに創設される第1回『ペガサスワールドカップ(WC)』が、今後のカリフォルニアクロームのターゲットになる可能性が高まってきた。

世界最強ダート馬のカリフォルニアクロームが今年度の引退撤回か 「現役強行」の理由は来年新設「ドリームレース」の超高額賞金のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  3. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  4. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突