NEW

【重賞展望】サマーマイルシリーズ第2戦・関屋記念(G3)は「秋」を見据えた好メンバーが集結!マイルCS(G1)に向けて抜け出すのは、どの馬か!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sekiyakinen.jpg2015関屋記念(JRA公式サイトより)

 サマーマイルシリーズ第2戦となる関屋記念(G3)には、なかなかの好メンバーが揃った。

 新潟外回りのマイル戦は時計が速く、力通りに決まりやすいコース。秋のマイルCS(G1)に向けて賞金を加算したい有力馬が集まったようだ。

 中でも中心になりそうなのは、牝馬のマジックタイム(牝5歳、美浦・中川厩舎)か。

 今年の1月に節分S(1600万下)を快勝してオープン入りを果たすと、続く京都牝馬S(G3)でも2着に好走。さらにはダービー卿チャレンジT(G3)では牡馬を蹴散らして、待望の重賞初制覇を飾っている。

 前走のヴィクトリアマイル(G1)こそ6着に敗れたが、2着馬ミッキークイーンとは0.2秒差。まさに充実のシーズンを送っているだけに、ここも牡馬が相手でもチャンスは十分だ。鞍上にC.ルメール騎手を配しているだけに、2つ目のタイトルを手にして秋に弾みをつけたいところだ。

 だが、その一方で中川調教師は「仕上がり具合はもう一歩かもしれない」と秋を見据えた仕上がりに若干の不安があるようだ。最後は「条件はベストだし、暑さも大丈夫」と前を向いたが、当日の馬体重や気配はチェックしておきたい。

 その一方で、ここに来て急激に評価を上げているのが、昨年の3着馬ヤングマンパワー(牡4歳、美浦・手塚厩舎)だ。

 前走は降級初戦となった多摩川S(1600万下)を完勝。一発でオープン返り咲きを決めて、ここに進んできた。内容こそハナ差の辛勝だったが「準オープンでも強いメンバーだったし、58キロで1分32秒台の時計で走れたのは自信になった」と手塚調教師は高く評価している。

「夏場の方がいいタイプ」と断言した師は「秋に重賞戦線を進むには、ここで賞金を加算しておかないと」とあくまで強気な姿勢。戸崎圭太騎手が続けて手綱をとれるのも、心強い限りだ。

 そのヤングマンパワーを今回と同舞台の谷川岳S(OP)で負かしているのが、ピークトラム(牡5歳、栗東・橋口厩舎)だ。

【重賞展望】サマーマイルシリーズ第2戦・関屋記念(G3)は「秋」を見据えた好メンバーが集結!マイルCS(G1)に向けて抜け出すのは、どの馬か!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!