NEW

【重賞展望】「北海道5戦5勝」のモンドクラッセVS香港「雷神」の見参!今年のエルムS(G3)は好調・三浦皇成騎手とJ.モレイラ騎手との一騎打ち!?

【この記事のキーワード】, ,
erumus.jpg2015エルムS(JRA公式サイトより)

 ダート重賞エルムS(G3)。注目は「北海道の申し子」と「雷神」との対決だ。

 モンドクラッセ(牡5歳、美浦・清水厩舎)は、まだ重賞勝ちこそないものの札幌、函館といった北海道のダート1700mに限っては5戦5勝の負け知らず。前走の大沼S(OP)も3馬身差で圧勝。単勝1.7倍という抜けた1番人気に応えている。

「特に滞在がいいというわけではないが、コース形態が合うのかもしれません」と陣営も何故北海道とここまで相性がいいのか掴みかねているが、そのコースで重賞が行なわれるのなら狙わない手はないだろう。「一回使って上積みはある。状態はいいですよ」と状態面でも自信を持っているようだ。

 さらに「前走のような競馬ができればハナにこだわらなくてもいいし、この馬のリズムで運べれば」と話しているように、前走は2番手から早め先頭の競馬で押し切っている。ハナに拘らない融通性ができたのは、逃げ馬にとって大きい。

 鞍上は主戦の三浦皇成騎手。函館2歳S(G3)を勝って今年初の重賞を成し遂げるなど、北海道シリーズになってから調子が上がっているだけに、もう一丁と行きたいところだ。

 対抗のロワジャルダン(牡5歳、美浦・戸田厩舎)は馬の実力も然ることながら、なんといっても「鞍上」が注目だ。

「来週の札幌記念(G2)に出走を予定している最強マイラー・モーリスに乗りに来た」と述べても過言ではない香港No.1のJ.モレイラ騎手が、今週から短期免許で参戦する。コンビを組むのが、このロワジャルダンというわけだ。

 モレイラ騎手は、札幌競馬に昨年のワールドオールスタージョッキーズで参加し、見事優勝を果たしている。他にもドバイシーマクラシック(G1)でラストインパクトを3着に導いた他、モーリスとのコンビで香港のチャンピオンズマイル(G1)を勝つなど、日本の競馬にも随所で存在感を発揮している世界的名手だ。

 昨年のみやこS(G3)以来、勝ち星から遠ざかっているロワジャルダンだが、「雷神」の異名を持つモレイラ騎手とのコンビでどう変わるのか注目だ。

 この2頭の争いに割って入るとすれば、実績上位のクリノスターオー(牡6歳、栗東・高橋厩舎)か。

 重賞3勝2着4回と、このメンバーでは完全に実績上位の存在だが、この1年間で重賞勝ちがないことが幸いして56㎏での出走できることは大きい。昨年は1番人気を背負いながら4着に敗れたが、蹄に不安があったようだ。

「爪の不安が解消したことで精神状態は昨年よりずっといい。不安があった昨年も4着と踏ん張った。一昨年は2着だし、三度目の正直としたいですね」と陣営が話しているように、今年は万全の態勢。

 鞍上の幸騎手は「ひと踏ん張りするかはその日の気分次第という感じ。できれば前向きさが欲しい」と注文を付けるが、ひと踏ん張りすれば十分に勝ち切る力はあるはずだ。

 前年の覇者ジェベルムーサ(牡6歳、美浦・大竹厩舎)も、当然ながら怖い存在だ。

【重賞展望】「北海道5戦5勝」のモンドクラッセVS香港「雷神」の見参!今年のエルムS(G3)は好調・三浦皇成騎手とJ.モレイラ騎手との一騎打ち!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話