NEW

「武豊の父」ターフの魔術師・武邦彦氏が死去。騎手として、調教師として、父親として競馬界を引っ張ったレジェンド

【この記事のキーワード】, ,
takekunihiko.jpg武邦彦氏(M.hiranoより)

 現役時代、「ターフの魔術師」として競馬界を沸かせた元騎手、調教師の武邦彦氏が亡くなった。77歳だった。

 邦彦氏は1957年に騎手デビューし、JRA通算7679戦1163勝。日本ダービーをロングエースで制するといわゆる「八大競走」の常連となり、関西を代表する騎手の1人として活躍。「天馬」と称され、テンポイントと激闘を繰り広げたトウショウボーイとのコンビでも有馬記念、宝塚記念を制するなど、競馬ファンの視線を一身に集めた。

 172cmという身長や洗練されたルックスで女性からの人気も高く、家族サービスにも熱心で騎手像を大きく変えた存在の一人としても知られた。特にその「品」を高く評価する声も多かったようだ。

 現役引退後は調教師としてバンブーメモリーやオースミタイクーンを管理したが、調教師デビューとなったのは、自身の三男にして後に競馬界の「顔」となる武豊騎手のデビューと同じ年。バンブーメモリーでは親子コンビでスプリンターズSなどビッグレースも制している。

 その後も弟の武幸四郎騎手がデビューし活躍するなど、兄弟の活躍によって父である邦彦氏もたびたびクローズアップされることとなった。

 邦彦氏の騎手時代の競馬は「東高西低」。関東競馬のほうが強力だったこともあるのか、全国リーディング騎手は一度も獲得していない。時代が時代ならもっと勝てていた、という声も非常に多い名手だった。

「武豊の父」ターフの魔術師・武邦彦氏が死去。騎手として、調教師として、父親として競馬界を引っ張ったレジェンドのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!