NEW

ボートレース熱烈展望~G3ジャパンネット銀行プリンセスカップ~

【この記事のキーワード】

, ,

kyoutei0316.jpg

 先週行われた「第30回レディースチャンピオン」を制したのは「艇界のタカラジェンヌ」と呼ばれる美熟女レーサー海野ゆかり(42)。1000万円の優勝賞金を手にし賞金女王ランキングも20位以下から一気に2位に躍り出た。

 それにしてもレースは圧巻だった。若手有望株の遠藤エミや平山智加らに付けいる隙のない圧勝劇。まさに円熟の技を見せつけたと言っていいだろう。この海野ゆかり選手は「艇界のタカラジェンヌ」と呼ばれるほどの美貌を持ちながら独身のままアラフォーに突入。縁が無いのか好みの選手がいないのかそのあたりは不明だが、非常にもったいないと感じてしまうのは筆者だけではないだろう。ちなみに海野選手の実家は広島の西区にある「あじかつ」という鉄板焼き居酒屋で、海野選手本人もお店に立つことがあるという。ちなみに本人の評判は

「3人姉妹の長女だからかサバサバした性格で取材にも非常に好意的。選手にも慕われていますし、ファンも記者からも人気を集めています。ただこれは海野選手が独身だからというのも少なからずあるでしょう」

 と競艇記者の間でもなかなかの人気者。これからの活躍に注目したいところだ。

 さて前述の「レディースチャンピオン」は海野選手の優勝で幕を閉じたわけだが、レーサー達の戦いに休みはない。今週末の8月13日からはボートレース宮島で「G3ジャパンネット銀行プリンセスカップ」が行われるのだ。このレースも女性限定として行われ、ベテランから若手まで21歳から56歳までの46名が出場する。その中には広島が地元の海野ゆかりやベテラン日高逸子、そして鈴木成美、平高奈菜、高石梨菜、富樫麗加といった若手レーサーが揃い見応えのあるレースになるのは間違いない。

 この「G3ジャパンネット銀行プリンセスカップ」で注目されるのは上半期の女王決定戦である「レディースチャンピオン」に出場した15名。その中でも賞金ランキング2位の海野ゆかり選手の勢いは地元であることも加味されて見逃せない。さらに賞金ランキング4位の松本晶恵、10位細川裕子、A1クラスの日高逸子、谷川里江といったあたりか。さらに地元広島支部に所属する角ひとみも侮れない存在だろう。

 この「G3ジャパンネット銀行プリンセスカップ」は8月13日に開幕して16日まで予選が行われ、その成績上位者18名が3レースに分かれて17日の準優勝戦に出場。その各1~2着選手が最終日18日の優勝戦に出場する。開催地となるボートレース宮島は広島県にある宮島の海を渡ったすぐの場所。厳島神社を前面に見据えた趣のあるレース場だ。観光がてら脚を伸ばして美女達の熱いバトルを観戦するのもいいだろう。

ボートレース熱烈展望~G3ジャパンネット銀行プリンセスカップ~のページです。GJは、競輪・競艇、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事