NEW

フジテレビ「巨大スポンサー契約解除」「大物俳優抹殺」でゲッソリ......将来はテレビ局ではなくなる?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fujiterebi0325.jpg

 最近のフジテレビにはロクな話がないが、さらに追い込まれるような出来事が起こっている。

 7月30日の『めちゃ×2イケてるッ!』に芸能活動休止状態にあった「極楽とんぼ」の山本圭壱が出演したが、山本を岡村隆史がボコボコにする演出などの番組構成に、スポンサーの日清食品が激怒し、CM契約を切ったと「日刊ゲンダイ」が報じており、契約解除は事実と局も認めているようだ。

 低迷続く『めちゃイケ』の起爆剤として山本を投入し高視聴率を獲得したものの、その代償として失ったものはあまりにも大きかったようだ。山本の出演自体に賛否があった中、企画演出でも危ない橋を渡ってしまったことが「賭け」に敗れた原因だろうか。

 最近では「フジテレビに役者が殺される」などという声も非常に多い。朝ドラでブレイクし、今もっとも注目度の高い女優・波瑠のドラマ『ON』の視聴率がなかなか振るわない、松嶋菜々子の久々の主演ドラマ『営業部長 吉良奈津子』も低空飛行。今クールだけでなく、昨年10月期には、篠原涼子が主演した『オトナ女子』が平均8.7%、西島秀俊主演の『無痛~診える眼~』が平均7.9%と極度の不振に終わっている。大物出演者の"黒歴史"を作りまくっているのが現状だ。

フジテレビ「巨大スポンサー契約解除」「大物俳優抹殺」でゲッソリ......将来はテレビ局ではなくなる?のページです。GJは、エンタメ、めちゃイケドラマフジテレビの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!