NEW

SMAP解散・時代遅れの「情報操作」大失敗のメリー喜多川氏がハワイに雲隠れ!? アテが外れすぎの現状

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
live0319.jpg

 度重なるゴタゴタ、多くの報道や憶測を経て、解散することが決定したSMAP。その元凶は、「週刊文春」で退社した元マネジャーに『(娘の藤島ジュリー景子副社長と)対立するならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう』と恫喝したメリー喜多川副社長と見る向きが強い。

 自分たちの事務所での立ち位置を知り、独立を画策したSMAPだったが、木村拓哉が事務所残留を決断したことで計画は失敗。分裂騒動を経てメンバーの関係は崩壊し、解散するに至った。

 解散騒動の直後から、大手スポーツ紙を中心にジャニーズ事務所というかメリー氏は”情報操作”とも言えるような報道を連発。独立を画策した中心である中居正広が「騒動後謝罪にこない」「身勝手」であるイメージを植え付けようとした。しかし、現在はネット社会。新聞や雑誌を抱き込めたとしても、世間はネットでこれらの報道が一方的な情報操作であることを指摘し、メリー氏はグループを裏切ったとされる木村と同等以上のバッシングにさらされることとなった。

 解散が現実のものとなり、再びその元凶として矛先が向けられているメリー氏だが、14日の解散発表前に、娘のジュリー氏とともにハワイに向かったのではないかという情報が出ている。ちょうど解散が決まった時、木村もハワイに家族旅行に行っていたというが、これが偶然とは思えない。

SMAP解散・時代遅れの「情報操作」大失敗のメリー喜多川氏がハワイに雲隠れ!? アテが外れすぎの現状のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!