NEW

札幌記念、「最強世代」のクセ者レインボーラインが古馬に殴り込み!? 入り混じる不安と期待

【この記事のキーワード】, ,
reinbowrain.jpgレインボーライン(JBISサーチ公式サイトより)

 21日に開催される札幌記念(G2)。夏競馬を代表するレースとして、数多くの名馬がこのレースを制しているハイレベルG2として知られている。

 今年は、昨年の年度代表馬、マイル王モーリスが出走。他はヌーヴォレコルト以外、モーリスを避けていささか寂しいメンバー構成ではある。ただ、未だ底が見えない「大物候補」も出走するのだ。

 その名はレインボーライン。今年春を湧かせた3歳クラシック「超ハイレベル世代」の1頭である。

 現在11戦して3勝のレインボーラインだが、アーリントンC制覇、NHKマイルC3着、ダービーでは8着だが、その前にいたのはマカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティ、エアスピネル、リオンディーズ、スマートオーディン、マウントロブソンとどのレースに出ても一目置かれるどころか勝利候補に挙げられるような素質馬がズラリ。非常に中身の濃い競走生活を送っている。

 間違いなく3歳の有力候補といえる1頭が札幌記念に登場。ハイレベルな戦いに揉まれてきた経験は間違いなく成長の糧となっているだろうし、夏を越えて一気に化ける可能性も大いにある。

 ただ、3歳で5戦を消化し、今回で6戦目。かなりタイトなスケジュールをこなしているのは間違いなく、不安な部分もある状況だ。

 ただ、古馬と比較してマイナス3キロの斤量、そのポテンシャルは大きな魅力である。ステイゴールド産駒という点も、札幌競馬場の洋芝に苦労するとも考えづらい。期待は膨らむばかりだ。

「最強」とも称される今年の3歳世代。その中でも未だ未知数な素質馬の古馬との激突という点でも、注目が集まる札幌記念となりそうだ。

札幌記念、「最強世代」のクセ者レインボーラインが古馬に殴り込み!? 入り混じる不安と期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?