NEW

【重賞展望】今年の北九州記念(G3)は夏の快速娘ベルカントが「ノースヒルズ共同戦線」結成で盤石のサマースプリント王へ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
berukanto.jpgベルカント(JRA公式サイトより)

 早いものでサマースプリントシリーズも、残すところあと3戦。今週の北九州記念(G3)にもサマースプリント王を狙う快速馬たちが集った。昨年は夏の快速娘ベルカントが、後のスプリント王ビッグアーサーを撃破。今年は、どんな戦いが見られるのか。

 連覇を狙うベルカント(牝5歳、栗東・角田厩舎)が今年も主役を演じ切る。

 アイビスサマーダッシュ(G3)を勝利しての挑戦は前年とまったく同じパターン。夏場の充実ぶりも然ることながら、昨年はこの舞台でビッグアーサーを下しているように連覇へ大きな死角はなさそうだ。

 唯一の懸念は、斤量が昨年よりも1kg増える56㎏での出走となることだが、陣営もそれは織り込み積み「暑い時期が合っている馬で、デキは去年と比べても遜色ない。ハンデ56㎏も想定内だし、不安らしい不安は特にないね。あとはゲート入りまで、テンションを上げないよう無事に持っていくだけ」と管理する角田調教師も自信の口ぶりだ。

 昨年の鞍上は武豊騎手が務めたが、今年はアイビスサマーダッシュから引き続きM.デムーロ騎手がコンビを組む。「右回りの平たんコースはベストの条件」と陣営が話している通り、大きな不安要素は見当たらない。2年連続のサマースプリント王に向けて、そして秋のスプリンターズS(G1)に向けて負けられない一戦になりそうだ。

 ベルカントの連覇を止めるのは至難の業かもしれないが、ラヴァーズポイント(牝6歳、栗東・高橋厩舎)が軽量を活かせば一発逆転があるかもしれない。

 1000万下の身で挑んだ前走のCBC賞(G3)ではハンデ50kgの軽量を活かして、2着を確保。2番手からの競馬し、最後の直線で今回の主役ベルカント(3着)を捕らえる強い内容だった。

 今回は51㎏にハンデが上がったが、まだまだ超軽量といえるし、相手のベルカントもCBC賞の55.5㎏から56㎏に上がっているだけに、詰まったのは0.5㎏だけ。管理する高橋調教師も「ここにきて心身ともに成長しているし、引き続き好勝負を期待している」と一歩も譲る気はない。ラヴァーズポイントも、ここを勝てばサマースプリント王が見えてくるだけに”欲”を持って挑みたい一戦。期待のホープ・松若風馬騎手の手腕にも期待したい。

 1、2、3着が揃って登録してきたバーデンバーデンC(OP)組からは、2着のジャストドゥイング(牡4歳、栗東・中竹厩舎)に期待したい。

【重賞展望】今年の北九州記念(G3)は夏の快速娘ベルカントが「ノースヒルズ共同戦線」結成で盤石のサマースプリント王へ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!