NEW

SMAP「円満解散」も十分にあった? 昨年か垣間見えたメンバーの本音に見えた「40代アイドルの限界」

【この記事のキーワード】

, ,

terebi.jpg

 SMAPが正式に解散となってしまった。これは単にSMAPというかジャニーズ事務所だけの問題ではなく、テレビや芸能界そのものにとっても大きなターニングポイントといえるだろう。

 これまでSMAPは、紅白の大トリや各バラエティ、ドラマにバラエティに映画と主に映像世界の第一線を20年以上走り続けていた。それはSMAP自身の意志というよりは、自分たちに代わる存在が出なかったという端的な事実がそうさせた点が大きい。もちろんキャスティングの関係はあったのだろうが、テレビなども結局は「SMAP頼み」だった部分もあるだろう。

 そんな時間が長く続いた結果、分裂危機→解散という後味の悪い終焉を迎えてしまった。直接的な原因は分裂騒動にあるにせよ、やはり「SMAP」としての活動に限界を感じていた部分もあるのかもしれない。一般的に考えれば、「40代のアイドル」というのはやはり違和感があるわけで……。

 考えてみれば、脱退を決断したという木村拓哉以外の4人の昨年から騒動前の言動には、ジャニーズアイドルにはそうそう見られない”違和感”が多分にあった。

 彼らを象徴するテレビ番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の名物コーナー「BISTRO SMAP」で昨年、メンバー自身がゲストになる「シャッフルBISTRO」を行った際、これまでひた隠しにされていたメンバーそれぞれの”私生活”が本人の口から次々と暴露されたのは記憶に新しい。

 その中でも、草なぎ、香取はそれぞれ自身の部屋を出入りする「おじさん」の存在を告白。また、稲垣は「ひろくん」という中年男性と”半同棲状態”ということまで明らかにし、「SMAPは大丈夫か」と大いに話題を呼んだ。

 さらに、中居は昨年12月に放送された『中居正広が結婚を考える夜。』(フジテレビ系)で、自身のぶっ飛んだ結婚観、結婚への拒否反応を赤裸々に語り「心に大きな闇を抱えている」とネットで騒がれている。

 アイドル、それも国民的な人気を誇るSMAPが、私生活をアケスケに語ったという衝撃は相当なものだった。SMAPより知名度の劣るジャニーズの他グループやアイドル全体でも、細かなプライベートを語ることなどほとんどないからだ。

SMAP「円満解散」も十分にあった? 昨年か垣間見えたメンバーの本音に見えた「40代アイドルの限界」のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!