NEW

【札幌記念(G2)】モーリス「1強」に待った!信頼と実績の武豊→吉田隼人ライン「今年一番いい」ヌーヴォレコルトの女王復権へ斎藤調教師も太鼓判!

【この記事のキーワード】, ,
iwatatata.jpgヌーヴォレコルト(競馬つらつらより)

「終いだけ反応見る程度でしたが、いい動きでした。秋にいい競馬が出来るように繋げることだけですね」

 台風7号の影響でズブズブになった札幌芝コースでの追い切りを済ませた吉田隼人騎手は、21日の札幌記念(G2)でコンビを組むヌーヴォレコルトの手応えに自信を深めている。

「先週末に単走でやった時はまだ気が入ってない感じでしたが、今日の併せ馬での反応は良かった。芝はかなり重かったけど、走りは気になりませんでした」

 多量に水分を含んだ札幌の芝コースだったが、5ハロンを68.0-52.8-37.9-11.9秒。特にラスト1ハロンの伸びは秀逸で、併せ馬を3馬身突き放した。「いい反応でした。立ち回りが上手い馬。海外へ向けて大事な一戦ですし、代役として期待に応えたい」主戦の武豊騎手の騎乗停止によって回ってきた重賞制覇のチャンス。吉田隼騎手の口ぶりにも熱が入るのは当然だ。

 昨年の有馬記念(G1)でゴールドアクターとのコンビでG1初制覇を飾った吉田隼騎手だが、今年はすでに武豊騎手の”代役”として、大きな成果を上げている。

 今年2月の東京新聞杯(G3)。武豊騎手が同日開催のきさらぎ賞(G3)に騎乗するために回ってきたピンチヒッターだが、これまで追い込み一辺倒だったスマートレイアーで逃げを敢行。積極的な騎乗がスマートレイアーの新たな側面を開花させ、牡馬を相手に約2年ぶりの重賞制覇に導いている。

 ゴールドアクターとの有馬記念では自身が骨折していたにもかかわらず、執念でG1勝利をもぎ取ってから、どこか吹っ切れた感のある吉田隼騎手。今回ヌーヴォレコルトの騎乗が回って来たのも、単なる偶然ではないはずだ。

【札幌記念(G2)】モーリス「1強」に待った!信頼と実績の武豊→吉田隼人ライン「今年一番いい」ヌーヴォレコルトの女王復権へ斎藤調教師も太鼓判!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと