NEW

「真夏の祭典」米パシフィッククラシック(G1)は「王者」カリフォルニアクロームと「最強女王」ビホルダーによる史上最大の一騎打ち!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 20日、アメリカのデルマー競馬場で"真夏の祭典"パシフィッククラシック(G1、ダート2000m)が行われる。

 翌週に"真夏のダービー"と称されるトラヴァーズS(G1)が行なわれるため3歳馬の出走こそないものの、今年のパシフィッククラシックは現在のアメリカ競馬を代表する「王者」と「最強女王」との一騎打ちになりそうだ。

 現在開催されているリオ五輪では、あらゆる競技が男女別にわかれていることに対して、馬とはいえ、競馬はそういった垣根が少ない。その結果、性別の壁を超えて牡馬を軽く凌駕する"女傑"がたびたび出現することが魅力の一つだが、今回は「王者」カリフォルニアクロームが"王者陥落"の危機を迎えている。

 今春のドバイワールドカップ(G1)をレコード勝ちし、今年上半期のロンジンワールドベストレースホースランキングでもエイシンヒカリに次ぐ2位。今や世界中の誰もが認める、ダート最強馬のカリフォルニアクローム。ドバイWC以来となった前走のサンディエゴH(G2)も快勝し、パシフィッククラシック制覇の最有力なのは間違いない。

 すでに今年のブリーダーズCクラシック(G1)を経て、来年1月に新設されたペガサスワールドカップでの引退がほぼ決まっているカリフォルニアクロームだが、連勝を続ければ日本のテイエムオペラオーが持つ「世界最多獲得賞金」の記録更新が現実味を帯びてくるだけに、ここも当然負けられない戦いだ。

 しかし、当所は前走で約2年間続いていた連勝記録がストップし、ローテーションの立て直しが急務といわれていた"女傑"が、当初の予定通りパシフィッククラシックに駒を進めてくるのなら、話はやや違ってくる。

「真夏の祭典」米パシフィッククラシック(G1)は「王者」カリフォルニアクロームと「最強女王」ビホルダーによる史上最大の一騎打ち!のページです。GJは、競馬、アメリカカリフォルニアクロームパシフィッククラシックの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!