NEW

マイネル軍団総帥・岡田繁幸氏の「英ダービー制覇の野望」はまだ終わらない!地方の怪物トラスト敗れるも、すでに用意されている「第二の矢」とは

【この記事のキーワード】,
keiba0414.jpg

 夢は所詮、夢でしかないのか……総帥の「大いなる野望」は序章で、あっさりと砕け散った。

 マイネル軍団の総帥・岡田繁幸氏が、早くも来年の英ダービー(G1)に登録するほどの大きな期待を寄せる川崎所属のトラストだったが21日、札幌で行なわれたクローバー賞(OP)で1番人気に推されたものの、勝ち馬から1馬身1/4差の2着に屈した。

 8頭立ての大外枠だったトラストは+12kgと馬体を増やしてJRA初挑戦を迎えたが、スタートでいきなり立ち遅れて後方からの競馬になってしまう。すぐに中団まで押し上げたが、前に行かせた分、引っかかってしまい折り合いを欠いていた。

 それでも3コーナー過ぎからまくり気味に加速し、先頭に並びかける勢いで最後の直線へ。先団を捕らえて一瞬先頭に立ちかけたが、内々の経済コースを回っていたブラックオニキスが馬群から飛び出して先頭に立つと、トラストはそれを捕まえられないままゴールした。

「力んでいました。何とか馬の後ろに入れてからは収まりましたが、前半力んでいた分、最後に伸び切れませんでした。勝った馬とは枠の内外の差もあったと思います。芝の走りは良かったですし、これからです」とレース後、鞍上の柴田大知騎手は前を向いた。

 確かに、初の芝での競馬。スタートで立ち遅れたせいで、逃げて圧勝したこれまでの2戦とは異なる中団からの競馬になったこと。折り合いを欠いたこと。8頭立てとはいえ、札幌の1500mで最も不利な大外枠だったことなど、敗因は多数あり情状酌量の余地はある。

 柴田大知騎手の「これから」という言葉通り、トラストにとって今回はまだJRA初戦。2着に敗れたとはいえ、当座の目標となる札幌2歳S(G3)への優先出走権を得られたという意味では、このレースの目的を果たしたともいえる。

 しかし、肝心の相手を見渡せば、勝ったブラックオニキス以外のJRA勢は未勝利馬。あとはトラストも含め、すべて地方馬というラインナップ。勝ち馬が初勝利に4戦を要している馬であることからも、決して「負けていいメンバー」ではなかった。

 さらに、雨で重くなった札幌の洋芝は、日本では岡田総帥が大目標に上げている英ダービーのエプソム競馬場に近い馬場。本当にトラストで英ダービーを勝つつもりであれば、こんな馬場でこそパフォーマンスを上げなければならなかったのではないか。

 いずれにせよ情状酌量の余地があるとはいえ、期待が大きかったトラストの今後に大きな暗雲が立ち込めたことは避けがたい事実だ。次走の札幌2歳Sは夢の「英ダービー制覇」に向けて、背水の陣での一戦となるだろう。

 だが、その一方で岡田総帥はすでに「第二の矢」を用意しているようだ。

マイネル軍団総帥・岡田繁幸氏の「英ダービー制覇の野望」はまだ終わらない!地方の怪物トラスト敗れるも、すでに用意されている「第二の矢」とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?