NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(10) 願わくば、再び寝食を惜しんでプレイに夢中になれる名機が現れんことを

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
baito.jpg典型的なアルバイトのイメージってこんな感じ?

 大学時代、筆者はいろんなバイトを経験した。

 イタ飯屋から事務所の内装作業員まで。あるいは、電気屋の店頭でルーター配る仕事からバーテンまで。俺は一体何を目指しているのだと言わんばかりの勢いで、とりあえず採用してくれそうなバイトには全部応募して特攻し、幾ばくかのお金を得ては刹那的に散財するというのを繰り返していたのだ。

 例えば当時、市内に唯一存在したホストクラブにも特攻したことがある。オーナーは四十絡みの元ホステスの人だったが、出勤して開口一番言われた一言が「姿勢が悪い」だった。応募したは良いがそこで働くのが嫌で嫌で仕方なかった筆者は渡りに船と言わんばかりに「よし姿勢悪いから辞めよう」とすばやく判断し、便所に行くふりをして帰った。在籍期間3分である。ただの社会見学だ。オーナーには申し訳なかったが、その後三年くらい「いやー、俺あのホストクラブで三分だけ働いていたからね!」というのをあらゆる場所で吹聴しては鉄板でウケてたように思う。

 あと、「小学生に英語を教える」という不思議なバイトもあった。何が不思議かというと、筆者は別に英語がペラペラとかじゃないからである。一般の大学生レベルだ。一体何がどうなってそういう状況になったかトンと思い出せないのも怖いが、気づいたら市内の団地の一室で子供相手に「えー……英語というのは……あのー、コミュニケーションが……」みたいな感じで一時間くらいやっていたように思う。様子を見ていた母親が部屋から退出した瞬間、生徒との間に目に見えぬ形での意思の疎通がパーフェクトにとられ、速攻でゲームキューブを起動してボンバーマンを遊びはじめたのが懐かしく思い出される。

 さて、斯くの如くあらゆるバイトを経験した筆者だが、一番美味しかったバイトは何かと問われたら、これはもう胸を張って即答できる。『キングパルサー』である。

 山佐が2001年に放り込んだ『キングパルサー』(以下、キンパル)は『スーパーリノ』に続くサイレントストック機の第二弾だ。知らない人の為にザックリ説明すると「ボーナスが連続で当たる機種」で、しかも「当たりやすい回転数がある程度決まっている」のが特徴だった。
そこから数年間に渡ってスロ業界を席巻し、ゲップが出るほどホールに溢れる事になるサイレントストック機だが、出たばっかりの頃はシステムを理解しきれてないお客が多く、必定、上記の「当たりやすい回転数」の直前で捨てられている台も多かった。

 そんなの雑誌やインターネットで調べれば一発で分かるのだが、そこにはとあるカラクリがあった。そう。台の名前に入っている『パルサー』がそれだ。

 パルサーはそもそも、カエルのボーナス絵柄でお馴染みの大ヒット機種の名前である。そしてかの機種は『ジャグラー』と並び、お年寄りに好かれる台の代名詞であった。そう。金つばとか、栗しぐれの如く、である。

 なのでキンパルもまた、お年寄りからの人気がたいへんに高かった。

ぼくらはあの頃、アツかった(10) 願わくば、再び寝食を惜しんでプレイに夢中になれる名機が現れんことをのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!