NEW

新潟2歳S(G3)で「新種牡馬3頭」の期待馬が激突!激しい生存競争を生き残るため「最重要」のマイル重賞を手にする種牡馬は……

【この記事のキーワード】

, ,

keibafree0315.jpg

 今週末28日(日)に開催する「世代最初のマイル重賞」となる新潟2歳S(G3)

 今年も多士済々な素質馬が集ったが、その中でも新種牡馬3頭の産駒が早くも激突するとあって話題を呼んでいる。

 最も注目されているのは、今年の新種牡馬の中でも一際期待の大きいルーラーシップが送り出したイブキ(牡、美浦・奥村厩舎)だ。

「G3くらいなら、何とかなると思う」「もうふた回りくらい馬体が大きくなってほしい。求めるものが大きい馬ですから」と管理する奥村調教師がこの馬に懸ける意気込みは相当なものだ。

 事実、2着馬が次戦であっさり勝ち上がるほどの好メンバーに完勝したデビュー戦は、好位から抜け出す内容のある競馬だった。追い切りに跨った田辺裕信騎手が「乗りやすい馬」と話しているように、他のルーラーシップ産駒に見られる気の悪さやゲートの不味さも今のところみられない。

 父に初勝利をプレゼントした孝行息子が、初重賞もプレゼントできるか。ルーラーシップにとっては、新種牡馬をリードする存在として是が非でも重賞タイトルが欲しいところだ。

 ダリア賞(OP)を勝ったリンクスゼロがソエで回避したため「メンバー実績No.1」の看板は、新種牡馬ジョーカプチーノ産駒のマイネルバールマン(牡、美浦・栗田厩舎)が背負うことになった。

 前走のダリア賞は、リンクスゼロを捕らえきれず2着。だが、6月以来の休み明けで「追い切り後の息の入りを含め、いかにも休み明けという感じだった」と陣営に悲観の色はない。さらに「調教の動きが変わってきた。久々だった前走よりもデキはいい」と力を込めている。

 NHKマイルCを勝ったものの、その後はスプリント路線を歩んだジョーカプチーノの産駒だけに1400mからマイルへの距離延長が懸念されるが、追い切りに騎乗した柴田大知騎手は「距離に関しても、上手に走ってくれるので大丈夫だと思います」と自信を持っているようだ。

新潟2歳S(G3)で「新種牡馬3頭」の期待馬が激突!激しい生存競争を生き残るため「最重要」のマイル重賞を手にする種牡馬は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!