NEW

モーリス回避でいよいよ待ったなし!「マイル界の風雲児」ウインフルブルームがこの夏「最大の惑星」へ名乗りを上げる!

【この記事のキーワード】, ,
winfuru.jpgウインフルブルーム(JBISサーチ公式サイトより)

 マイル王モーリスがこの秋、天皇賞→香港というローテーションを選んだことによって、いよいよ「この馬」の悲願のG1制覇が少しずつ現実味を帯びてくるのかもしれない。

 今週末28日の小倉日経オープンに出走するウインフルブルーム(牡5歳、栗東・宮本厩舎)が、完全復活に向け充実の夏を過ごしている。

「弱いメンバーではなかったのですが、これだけの休養がありながらよく勝ってくれました。折り合いはつきますし、体をキッチリ仕上げてくれていました。地力はありますし、これからが楽しみです。どうか無事にいって欲しいと思います」

 手綱をとった柴田大知騎手がそうコメントしたように、復帰戦となった先月の福島テレビオープンは、約1年半ぶりのレースとは思えない圧巻のパフォーマンスだった。

 重賞2勝を挙げ昨年の牝馬クラシックでも上位の存在だったココロノアイ、さらには一昨年の2歳女王ショウナンアデラなど、この時期のオープンにしては強いメンバーがそろった一戦。ウインフルブルームは好スタートを切ると、実にスムーズに2番手追走という自分の形に持ち込んだ。

 1000m通過が59.2秒というまずまずの流れから、最後の直線入り口でハナを切っていたカウニスクッカをあっさりかわして先頭に。各馬が馬場の荒れた内を避けるように外を回る中、一頭だけインベタでコーナーを回ったココロノアイが”ワープ”してきたが、まったく動じることはない。柴田大知騎手のゲキに応え、しっかりと脚を伸ばしたウインフルブルーム。最後は1馬身1/4の差をつけた完勝だった。

 もともと朝日杯FS、皐月賞ともに3着するなど高い素質があったウインフルブルームだが、3歳秋に2400mの神戸新聞杯で生涯初の大敗を喫してからはマイル路線に転向。1年半の休養を強いられた左前脚の骨折は、京都金杯を制して重賞初勝利を飾った直後だった。

モーリス回避でいよいよ待ったなし!「マイル界の風雲児」ウインフルブルームがこの夏「最大の惑星」へ名乗りを上げる!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと