NEW

帰ってきた帝王・武豊騎手とリベンジに燃えるM.デムーロ騎手の一騎打ちか!?『ワールドオールスタージョッキーズ』初日の結果と後半戦の展望

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全4戦で争われる『ワールドオールスタージョッキーズ』。27日に前半戦となる「第1戦」と「第2戦」が行なわれた。

「第1戦」の舞台となった札幌9R(500万下、芝2600m)。1番人気は岩田康誠騎手が騎乗するタケルラムセス(A評価)、2番人気が内田博幸騎手のエアワイバーン(A評価)、3番人気はM.デムーロ騎手のロードグリッター(B評価)だった。

 スタートから飛び出したのはM.デムーロ騎手のロードグリッターだった。果敢にハナを奪いに行く。それに鈴を付けに行ったのが、スウインブルースカイ(C評価)に騎乗するC.ウィリアムズ騎手と、ララエクラテール(B評価)のC.ルメール騎手。それらを見るようにしてアグリッパーバイオ(D評価)の武豊騎手と、まずは日本競馬の経験が豊富な騎手が先手を奪う格好となった。

 しかし、レースそのものは欧州を思わせるような1000m通過が64.3秒というスローペース。札幌コースに不慣れな騎手が何人かいた影響もあるだろう。

 だが、この極端なスローペースの間隙を突いて、残り1000mを切った辺りから果敢に動いていった騎手がいた。タケルラムセス騎乗の岩田騎手である。後方から外を回って一気に3番手までポジションを押し上げ、先頭を射程圏に入れた。それに連れて上がっていったアドマイヤロワ(B評価)の永森大智騎手の勝負勘も光る。

 その動きが火付けとなって、馬群全体が慌ただしくなり一気にペースが上がる。この200m区間の「11.9秒」は、最後の直線を含めてもレースで最速のラップだ。

 第4コーナーで悠々とハナを切っていたM.デムーロ騎手のロードグリッターに、C.ルメール騎手のララエクラテールが並び掛け、そこに岩田騎手のタケルラムセスも並びかけていく。

 最後の直線に入っても3頭の叩き合い。地力の差でタケルラムセスがじわじわと先頭に立とうとするが、残りの2頭も必死に食い下がる。だが、最後の200mを切ってタケルラムセスが大きく抜け出すと、脱落した2頭に猛然と武豊騎手のアグリッパーバイオが襲い掛かる。交わし切ったところがゴールだった。

帰ってきた帝王・武豊騎手とリベンジに燃えるM.デムーロ騎手の一騎打ちか!?『ワールドオールスタージョッキーズ』初日の結果と後半戦の展望のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!