NEW

『史上最強世代』のスプリンターが北海道シリーズで上位独占!「最強クラス」はクラシック路線だけではない

【この記事のキーワード】, ,

 さらに過去20年まで遡るとスペシャルウィーク、エルコンドルパサー、グラスワンダー、セイウンスカイらが牽引した1998年『前・史上最強世代』の名スプリンター・マイネルラヴ。そして、その前年には日本史上最強マイラーのタイキシャトルの名が連なる。

 これだけを見ても近代競馬において3歳でスプリント王に輝くことが如何に価値の高いことかうかがい知れる。ただ、これまでの戦いを見ても『史上最強世代』のスプリンターには、それを実現できるだけの可能性を大いに感じる。

 それだけではない。距離を伸ばしてマイル路線に目をやっても、その層の厚さは絶大だ。

 NHKマイルC(G1)で3着だったレインボーラインの札幌記念(G2)の走りを見れば、レベルの高さが容易に想像できる。2000mとはいえ、あわやモーリスを負かしそうになった内容は、例年なら「レインボーラインがNHKマイルCの勝ち馬」と述べても違和感がないほどの実力を感じさせた。

 このレインボーラインの”上”にロードクエストとメジャーエンブレムがいるという事実が、『史上最強世代』のマイラーの層の厚さを如実に物語っている。

「モーリスが中距離に挑戦している今、仮にリオンディーズやエアスピネルといった実力馬が、その矛先をマイル路線変えただけでも戦線は一変します。いとも簡単に勢力図を塗り替えてしまうことさえ、想像に難しくはありません」(同)

 とはいえ、3歳馬と古馬陣との戦いはまだ始まったばかり。果たして、『史上最強世代』がその名の通り、競馬界の勢力図を一気に飲み込むのか。それとも各カテゴリーの”王”が意地を見せて、その権威を守り抜くのか……。

 まずはビッグアーサーやミッキーアイルとシュウジ、フランボヌール、ソルヴェイグらの激突が予想される10月2日のスプリンターズS(G1)を心待ちにしたい。

『史上最強世代』のスプリンターが北海道シリーズで上位独占!「最強クラス」はクラシック路線だけではないのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!