NEW

まるで「異なる国」の競馬……JRAの『新卒採用webサイト』に見えた競馬ファンとの「温度差」に愕然

【この記事のキーワード】, ,
keibafree0315.jpg

 あまりの”温度差”に、愕然とせざるを得なかった……。

 2017年度の『JRA新卒採用webサイト』を見た際だ。なかなか金の掛かってそうなページでまず見せられたのは「2つのフィールドを駆け抜けろ」というムービー。これは要約すると、JRA職員には平日の「平常業務」と競馬開催日の「開催業務」の2つの仕事があることを紹介したものだった。

 おそらくJRAへの就職を試みる新卒者に向けられて作られたものなのだろうが、そこで述べられている「JRAの主張」と「現実」とのギャップに愕然とした。競馬を主催するJRAと競馬を支えるファンとの認識の”距離感”に、日本競馬の未来に不安を覚えざるを得なかったほどだ。

 いくつか紹介したいので、ぜひとも確認してほしい。

「レースをつくることで、ドラマが生まれる」/競走部

 最初にこの言葉が表示された際、すぐに”嫌な予感”が走り、その後のムービーの内容に対して「大丈夫か……」という大きな不安が生まれた。

 筆者が見た限りでは、ドラマが生まれるようなレースを表立ってつくっているのは、JRAの競走部ではなく、あくまで「馬」であり「騎手」だと思うのだが……何か重大な見落としがあるのだろうか。この言葉を聞いて率直に感じたことは、JRAの呆れんばかりの「上から目線」である。まあ、実際に「上」から見ているのかもしれないが。

「公正を保ってはじめて、人は夢を託すことができる」/審判部

 ここまで堂々とおっしゃられては、開いた口が塞がらない。近年の日本競馬の審議状況が如何に”悲惨”なものなのかは、競馬ファンならば誰でも知っている事実だ。

 世界基準にシフトしたといわれる審議基準は極めて曖昧となり、降着制度がほぼ効力を失った現状を鑑みて、一部の競馬関係者からは「ラフプレーをやったもん勝ち」と揶揄されているのは紛れもない事実である。競馬ファンから、現状の審議体制に対して厳しい声が上がらなくなったのは、納得したのではなく諦めざるを得なかったからだ。

まるで「異なる国」の競馬……JRAの『新卒採用webサイト』に見えた競馬ファンとの「温度差」に愕然のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待