NEW

元・ジャニーズ関係者と結託? 元KAT-TUN・田口淳之介が早期復帰を決めた「本当の理由」と、ジャニーズに与える「脅威」?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
maikuxs.jpg

 1日、今年3月末にKAT‐TUNを脱退した田口淳之介が、オフィシャルサイトを開設し、ソロ活動を行うことを発表した。また11月にシングル「Hero」をリリースし、さらにイベントまで開催する予定があることを明かしている。

 田口はオフィシャルサイトで、「これからの希望いっぱいで、またみんなの前に帰ってきます!」と復帰の意気込みを語り、さらに「今はただ正直に、自分の力で、大切な人たちのために、音楽で盛り上がりたい人たちのために、そして自分自身のために、最高の音楽とステージを作り楽しみたい気持ちで一杯です。」と今後の活動に意欲を見せている。

「通常、ジャニーズ事務所にかかわらず、事務所を辞めた芸能人は約1年間休養期間を設けるのが暗黙の了解になっている。それでなくとも、所属していたKAT-TUNは田口の脱退がきっかけで充電期間に入ったこともあり、脱退半年での復活は、『早すぎるのでは』と考えているファンも多く、戸惑いの声も聞こえます」(芸能ライター)

 訝しむ声があがっているが、さらに田口の活動基盤となるはずであろうファンクラブからの送り先の住所から、元ジャニーズ関係者が関わっているという疑惑が浮上している。田口のファンクラブの住所とされているビルには『株式会社Tokyo Tunes』という会社が入居中。この会社の代表取締役として名を連ねる井上純氏は、ジャニーズ関連のレコード会社・J Stormの元音楽ディレクターだ。この会社と田口のソロ活動の関連性はオフィシャルサイトで明かされていないが、部屋番号が隣り合っていることもあり、関係性がないとは考えにくい。

「もし実現するとなればですが、ジャニーズ事務所にとっては無視できない非常に強力なタッグになることは間違いない。井上氏は、これまで『SPIN』名義で嵐の『きっと大丈夫』やKAT‐TUNの『Keep the faith』などの作詞を手がけた人物で、嵐の黄金時代を支えたひとりとしてファンから知られています。今後、田口が井上氏とタッグを組んで楽曲発表することも考えられます。

元・ジャニーズ関係者と結託? 元KAT-TUN・田口淳之介が早期復帰を決めた「本当の理由」と、ジャニーズに与える「脅威」?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!