NEW

武豊騎手が「40代で輝く」秘訣を語る。大不振の時期も変わらなかった「潔さ」が引き寄せた復活

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takeyutaka0904.jpg

 武豊騎手がYAHOO!JAPANのスポーツコーナー「スポーツナビ」で、デビュー30周年の独占インタビューに登場している。インターネットメディアとしては初の独占インタビューというのは、少々意外であった。

 武騎手は同インタビューで、30年騎手を続けてきた中での思いや年齢によっての気持ちの違い、今年の海外での活躍やキズナでのダービー制覇の思い出や気持ちを語っている。数々の名馬に跨ってきた名手だけに、その言葉の重みや深みは他の騎手とはやはり一線を画すものがある。

 特に興味深かったのは、インタビュアーが「40代でも第一線で活躍できる秘訣、アドバイス」を聞いた際の回答だ。武騎手は「アイツはもうダメなんじゃないか」という雰囲気になる時、「自分だけはそこに流されちゃいけないな」と思っていたそう。周囲がどんなに変わっても、自分だけは絶対に変わらない強さを持つことの重要性を説いた。

 キズナとともに「復活」するまでの数年間、武騎手は2010年の大きな落馬負傷、それに伴う肉体の変化、地方競馬騎手や短期免許で訪れる外国人騎手の台頭、エージェント制の重要度の増大、社台グループとの確執までウワサされ、急速に勝ち星を減らしてしまったことがある。

 2013年WOWOWの「3500勝」の特集で、不振に喘いでいる自身についても武騎手は語っていた。「今は目に見える結果を残さねければ」「人が離れていくのを感じたり、でも変わらず応援してくれる人もいて、その人の馬で結果を出せないのはやっぱり辛い」と、当時の状況を語っている。

武豊騎手が「40代で輝く」秘訣を語る。大不振の時期も変わらなかった「潔さ」が引き寄せた復活のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!