NEW

新潟記念の前に観賞した大ヒット映画『君の名は。』が残したモヤモヤ感。「世界観に乗らない『震災』」「過去を変える」という疑問

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kiminona.jpg「君の名は。公式サイト」より

 4日、筆者は中央競馬の新潟記念(G3)の馬券を買いに、渋谷WINSを訪れていた(PATは使いすぎるのでやめた)。アルバートドック単勝をしこたま購入する予定だった私だが、レースまで4時間あまり残っており、手持ち無沙汰であった。

 筆者は何を思ったか、「久々に映画でも見るか」と、西武百貨店の先にある映画館に飛び込んだ。最近は映画館に行くこともほとんどなく、そもそも1800円を払い、2時間を浪費してつまらなかった時のショックを考えると、「映画こそ割に合わないギャンブルなのでは」という思考になりがちだった。その日は魔が差したというか、暑さのせいもあったのかもしれない。

 当然「負け」たくはないので、とりあえず今一番人気の映画を見ることとした。スマホで調べると、『君の名は。』というアニメ映画がダントツの首位。公開8日間で27億1200万円の興行収入。動員は212万人。競馬でいえば「大本命」といったところ。新海誠監督の作品はDVDでほとんど見ており、けっこうファンである。人気薄に飛び込んで成功、お得な気分になるのも手ではあるが、勝負は新潟記念である。ここは手堅くいこうと決めた。

 シアターの席はほぼ満員。さすがは人気作。学生に見えるカップルが多いので、少々居づらくはあったが、館内が暗くなったら騒ぐ人間もいないので、作品に集中することができた。

 面白かった。それは間違いない。東京に住む主人公・瀧と、地方の田舎町に暮らすヒロイン・三葉が時空のひずみ(?)のようなもので身体が週に2、3度入れ替わり、お互いがそれぞれの街で生活する。その中で2人は思い合うようになり「会いたい」と願うわけだが、ある日を境に入れ替わることがなくなってしまう。

 入れ替わった2人のそれぞれのコメディはテンポがよく、映像も新海作品らしく相変わらず美しい。2人の心の機微というのも分かりやすい。入れ替わる明確な理由やルールがなかったり、少々恋に落ちるのが早くないかとも思ったが、そんなことは大した問題ではないだろう。後半に行くにつれ、2人が突然入れ替われなくなった理由が明かされるところも、引き込まれる。

 物語は間違いなく面白かった。しかしその一方、観賞後、筆者は長時間「モヤモヤ」していた。正確には今もモヤモヤしているからこそ、こうしてキーボードを叩いているのかもしれない。

新潟記念の前に観賞した大ヒット映画『君の名は。』が残したモヤモヤ感。「世界観に乗らない『震災』」「過去を変える」という疑問のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!