NEW

藤田菜七子騎手が一流雑誌『AERA』の表紙に! しかし撮影した蜷川実花に批判が多く……?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ninagawamika.jpg「AERA」(朝日新聞出版)9月12日号

 女性騎手の藤田菜七子が、5日発売の週刊誌「AERA」(朝日新聞出版)の表紙を飾った。これまで、時代をときめく数多の一流著名人が表紙を飾ってきた雑誌だが、デビューしたての藤田騎手が選ばれるとは、これはもう「抜擢」と言う他ないだろう。

 もともと愛らしいルックスなので、表紙も可愛らしく写っており、「ファンが多そうだ」と思わせる一枚だと筆者は思ったのだが、「かわいい」と絶賛の声がある一方、ファンの間では一部批判的な声もある。

 それは「ケバい」というもの。確かにいつもより化粧は濃い印象である。馬に騎乗している時の素朴な雰囲気というよりは、髪型もしっかりキメてどことなく大学生のようである。

 と言っても、批判は藤田騎手に対してではなく、この写真を撮った人物に対して向けられている。この写真を撮影したのは、写真家で映画監督の蜷川実花。そういえば、後ろのド派手な花がどことなく蜷川実花の雰囲気を醸し出している。

「蜷川の毒々しいセンスは菜七子には合わないのでは」「メイクがない」と、かなり辛辣なコメントをする人も。言わんとすることは分からないではないが、やはり大きな注目を集める存在だけに、ファンそれぞれに「こだわり(?)」があるのかもしれない。

藤田菜七子騎手が一流雑誌『AERA』の表紙に! しかし撮影した蜷川実花に批判が多く……?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!