NEW

【重賞展望・京成杯AH(G3)】『史上最強世代』の実力馬ロードクエストが始動!新たな波がマイル戦線の勢力図を塗り替える!

【この記事のキーワード】, ,
loadquest.jpgロードクエスト(競馬つらつらより)

 いよいよ秋競馬が開幕となり、中山の京成杯オータムハンデ(G3、芝1600m)には今年のNHKマイルC(G1)2着の実績を持つロードクエスト(牡3歳、美浦・小島茂厩舎)がエントリーしている。

 春から「競馬界の勢力図を塗り替える」といわれていきた『史上最強世代』が、いよいよ本格始動を開始しつつある。京成杯AHに出走するロードクエストは、同じマイル戦の新潟2歳Sでは桜花賞を制した「ハープスター級」といわれ、翌年のNHKマイルCでもメジャーエンブレムから0.1秒差の2着に迫った紛れもない実力馬だ。

 管理する小島茂調教師が「ここは右回りのマイルを試す一戦。先々につながる競馬ができれば」と話している通り、舞台となる中山は3戦して未勝利。だが、ホープフルS(G2)2着とスプリングS(G2)3着がある。左回りで直線の長いコースに良績があるが、ここでは能力で押し切ってしまうかもしれない。

 なお、1週前の追い切りでは美浦の南ウッドコースで3頭併せ馬を行ない、6Fを67.2-38.0-12.4と軽めながら素軽い動きを披露。「牧場でもそれほど緩めなかったし、いい意味で英気を養ってきた。息遣いは休み明けという感じだけど、手前もスムーズに替えて1週前の動き自体は良い」と小島茂調教師も及第点を与えている。

 ハンデの55㎏は、過去に京王杯2歳S(G2)を勝っていたレオアクティブ、アーリントンC(G3)を勝っていたステキシンスケクンと2頭の3歳馬が54㎏でこのレースを勝っていることを考慮すれば妥当なところか。

【重賞展望・京成杯AH(G3)】『史上最強世代』の実力馬ロードクエストが始動!新たな波がマイル戦線の勢力図を塗り替える!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  3. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  4. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  5. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  6. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  7. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  8. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  9. “反則スレスレ”の強烈タックルに泣いた「暴君」オルフェーヴル、弾き返した「不沈艦」ゴールドシップ。約10年の時を経てオールカマー(G2)で激突する「因縁」の名馬の血
  10. 【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは自信の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ち