NEW

パチンコ「ゴト行為」の減少は真実か? 最新の対策と撲滅への可能性に迫る!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkohitobito.jpg「AC photo」より

“暗い話題”が続いているパチンコ業界。

 メーカーの破産や事業撤退、遊技機の自主規制、遊戯人口の大幅減少。更には連日のように報道されるパチンコ店での”事件”……今や『パチンコ』というワードには”暗い話題”が付き物だ。

 ただ、決して”明るい話題”がない訳ではない。

 例えば大当たり確率が1/40程度となる、新しいカテゴリー『ちょいパチ』。ギャンブル的要素が弱い『ちょいパチ』は、パチンコ依存症の減少に繋がり得る存在として注目を集めている。

 また(株)ジョイコシステムズ・(株)パチンコビレッジ・(株)フリークアウトの3社は、全国4会場で3社合同フロンティアセミナーを開催する事を発表した。

「パチンコ業界に明るい話題を振りまくセミナー」との事だが、開催理由は「昨今の業界に追い風を吹かせ活性化を図りたい」という共通目的があるという。

 つまりパチンコ業界も衰退し続けている現状に屈している訳ではない……庶民の娯楽や息抜きとして浸透した『パチンコ文化』の存続を本気で考えているのだ。今後も様々な対策を打ってくる事は明白であり、パチンコ業界の再浮上に向けた動きは激化していきそうな印象である。

 その上で避けて通れないのは『不正手口』との闘いだ。不正な方法で出玉を獲得する『ゴト師』の存在が、パチンコ業界の衰退に影響を与えた要因の一つである事は間違いない。

パチンコ「ゴト行為」の減少は真実か? 最新の対策と撲滅への可能性に迫る!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!