NEW

「座ってるだけで4000万円!?」をキムタクは選んだ? ジャニーズ事務所「役員のトンでも収入」と体質

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LIVE0910.jpg

 SMAP解散によって、当初から事務所残留の立場に立った木村拓哉。メンバーとの確執はよく伝えられているところだが、一方で「事務所幹部への道が開けた」という声も多い。

 長くともに歩んだメンバーと意志を変えてでも、その「ポジション」を確保することは重要なのだろうか。伝えられる「事務所幹部」の中身とは……。

「仮にジャニーズ事務所の取締役になれば、仮に末席であろうとも年収4000~5000万円は固いとされています。木村さんの現在の収入を考えればずいぶんと少ないわけですが、その分表舞台に出る必要も、マスコミ対応に追われることもなくその金額を手にできる。世間一般の感覚とはかけ離れた金額を、究極的に言えば『何もしなくても』得られるということかもしれません」(記者)

 ジャニーズ事務所は、未だにジャニー喜多川社長やメリー喜多川副社長の「オーナー天下」状態であることを考えれば、事務所の方向性はすべて一部のトップに委ねられる。他の取締役はまさに「格好だけ」になるとすれば、それで数千万円の年収というのはかなりオイシイ話ではあるだろう。

「座ってるだけで4000万円!?」をキムタクは選んだ? ジャニーズ事務所「役員のトンでも収入」と体質のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!