NEW

ムツゴウロウが引退? 名物馬主シゲル軍団2015年の魚シリーズはどうなった?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keiba0609.jpg

 サバ、マグロ、アカカマス、マンタ、ムツゴロウ、ハマチ、メジロザメ、ロウニンアジ、アマダイ…。これらに共通するものとは何か? そう聞かれたとき多くの競馬ファンは「馬名」と答えるだろう。

 現在JRA日本中央競馬会には2000名ほどの個人馬主が登録されている。ドゥラメンテやジェンティルドンナのようにイタリア語を馬名の由来にする馬主や、マカヒキやウリウリのようにハワイに関連した単語を馬名にする馬主もいる。しかし「魚」や「動物」を馬名のテーマにする馬主というのは一般人からすればとても理解しがたい話だろう。

「馬なのに魚?」

 この珍馬名でお馴染みなのは阪神馬主協会の元会長で関西馬主の重鎮・森中蕃氏だ。森中氏はシゲル~の馬名で持ち馬を走らせており、2013年の現3歳馬は「魚」シリーズ、2014年の現2歳馬は「動物」シリーズ由来の馬名を付け、多くの競馬ファンから注目を集めている。

 また森中氏は高額馬を買わない馬主としても有名。競走馬の競りでも300~500万円ほどの安価で走りそうな馬をまとめて購入し、各世代から数頭活躍馬が出ればいいという考え方を持つとされる。

 魚シリーズの馬は数多く登録されているが、現時点、JRAで勝利をあげたのは「シゲルオキサワラ・シゲルキツネダイ・シゲルキハダマグロ・シゲルクロダイ・シゲルサケガシラ・シゲルサンマ・シゲルシマダイ・シゲルテングダイ・シゲルナガイワシ・シゲルノコギリザメ・シゲルヒラマサ・シゲルムロアジ・シゲルメジロザメ」の13頭のみ。しかしシゲルノコギリザメは重賞のシンザン記念、ファルコンステークスでともに3着に入るなど、好走しておりすでに4000万円以上を稼いでいる。G1のNHKマイルカップにも出走した。

 ただし勝ち上がった3歳馬で秋以降も活躍できそうな馬は数えるほど。それでも愛馬がG1に出走するなど、森中氏は十分楽しんだのかもしれない。すでに現2歳世代の「動物」シリーズもデビューしており、シゲルボブキャットが世代初勝利、そしてシゲルベンガルトラが重賞の小倉2歳ステークスでも5着と上々の走りを見せた。

 競馬ファンの密かな楽しみでもあるシゲル軍団の活躍。残り4週間の3歳未勝利戦、そしてこれからデビューする2歳馬の動向から目が離せない。

ムツゴウロウが引退? 名物馬主シゲル軍団2015年の魚シリーズはどうなった?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!