NEW

坂口杏里改めANRIのデビュー作タイトルは『What a day!!』持ちネタを使われたバイきんぐ・小峠英二の心情は…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タレント・坂口杏里のアダルトビデオデビュー作のタイトルが、『芸能人ANRI What a day!!』になると各種ニュースサイトで報じられた。現役芸能人、さらに有名女優の2世である坂口のAV転向の衝撃は大きく、またそのデビュー作のタイトルが元交際相手のネタということもあり、さらに注目度は増す一方だ。

 12日、フジテレビ系『バイキング』では、坂口のAV転向を取り上げ、アナウンサーがタイトルの「What a day」は、坂口の交際相手だったバイきんぐの小峠英二のギャグ「なんて日だ!」にかけていると説明。番組スタジオからは笑いが起こったが、坂上忍は「笑えないよ。芸人さんってしんどいね」と小峠の心中を慮った。だが、ブラックマヨネーズの吉田敬は「小峠えらいもんと関係持ってしまったな」とコメント。すぐさま言葉がきつかったことを訂正したものの、まさに小峠の心情を表している言葉のようにも思える。

「芸能人がアダルト業界に転身する際、デビュー作にこれまでの活動、例えば出演していた番組などにちなんだタイトルが付けられることが定番化しています。小峠もデビューの一報を聞いたときからある程度、覚悟していたのではないでしょうか」(芸能関係者)

 すでにこのタイトルは小峠にも知られており、11日のラジオの公開放送イベントに出演した際、共演者から坂口のセクシー女優転身に話が及ぶと、タイトルが『What a day!!』になると自ら明かし、「(自身にちなんだものが)どこかで出てくると思ったけど、まさかそんな風に使うとは…」と苦笑いしていた。

坂口杏里改めANRIのデビュー作タイトルは『What a day!!』持ちネタを使われたバイきんぐ・小峠英二の心情は…のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!