NEW

日本競馬の海外挑戦史【2000-2016】ステイゴールド~ラニ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keiba30303.jpg

 2000年代に入ると海外レースへの挑戦が飛躍的に増加した。この背景には

・香港、ドバイなどで国際競走の増加
・海外遠征のノウハウの確立
・競馬関係者の上昇志向
・主催者による遠征資金負担

 などがあると思われる。特に国内のビッグレースを制覇し尽くした感のある社台グループは新たな挑戦の場として海外を目指した結果、数々のビッグレースを制することに繋がった。2000年以降の記録は以下の通りである。

【2000年】
 ゴドルフィンマイルにタガノサイレンスが出走、6着。ドバイシーマクラシックにゴーイングスズカ、出走、5着。ドバイワールドカップにワールドクリークが出走、6着。

 キングズスタンドステークスにアグネスワールドとドージマムテキが出走し、2着と22着。ジュライカップにアグネスワールドが出走、1着。キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスにエアシャカールが出走、5着。モーリス・ド・ゲスト賞にドージマムテキが出走、11着。

 ブリーダーズカップ・スプリントにアグネスワールドが出走、8着。ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフにマルターズスパーブが出走、13着。

【2001年】
 ゴドルフィンマイルにノボトゥルーが出走、9着。ドバイシーマクラシックにステイゴールドが出走、1着。ドバイターフにイーグルカフェが出走、9着。ドバイワールドカップにトゥザヴィクトリーとレギュラーメンバーが出走し、2着と9着。

 香港ヴァーズにステイゴールドが出走、1着。香港スプリントにダイタクヤマトとメジロダーリングが出走、12着と13着。香港マイルにエイシンプレストンとゼンノエルシドが出走し1着と14着。香港カップにアグネスデジタルが出走し、1着。この年の香港は日本馬がG1を3勝と歴史的な一日だった。

【2002年】
ドバイゴールデンシャヒーンにブロードアピールが出走、5着。ドバイシーマクラシックにホットシークレットが出走、7着。ドバイワールドカップにアグネスデジタルとトゥザヴィクトリーが出走、6着と11着。

 クイーンエリザベス2世カップにエイシンプレストンとアグネスデジタルが出走、1着と2着で日本馬のワンツーフィニッシュ。

 エアトゥーレがモーリス・ド・ゲスト賞、スプリントカップに出走。それぞれ2着と11着。

 凱旋門賞にマンハッタンカフェが出走、13着。

 香港スプリントにショウナンカンプとビリーヴが出走、10着と12着。香港マイルにトウカイポイントとアドマイヤコジーンが出走、3着と4着。香港カップにエイシンプレストンが出走、5着。

【2003年】
 クイーンエリザベス2世カップにエイシンプレストンが出走、1着。

 ジャック・ル・マロワ賞にテレグノシスとローエングリンが出走、3着と10着。ムーラン・ド・ロンシャン賞にローエングリンとテレグノシスが出走、2着と13着。

 香港カップにエイシンプレストンとマグナーテンが出走、7着と13着。香港マイルにローエングリン、アドマイヤマックス、テレグノシスが出走、3着4着7着。

【2004年】
 ドバイゴールデンシャヒーンにマイネルセレクトが出走、5着。ドバイワールドカップにアドマイヤドン、リージェントブラフ、サイレントディールが出走、8着9着12着。

 アメリカンオークスステークスにダンスインザムードが出走、2着。モーリス・ド・ゲスト賞にシーキングザダイヤとドルバコが出走、15着と18着。ジュライカップにシーキングザダイヤが出走、12着。

 凱旋門賞にタップダンスシチーが出走、17着。ブリーダーズカップ・クラシックにパーソナルラッシュが出走、6着。

 香港カップにダンスインザムードが出走、13着。香港マイルにデュランダルとテレグノシスが出走、5着と14着。香港スプリントにサニングデールとカルストンライトオが出走、7着と14着。

日本競馬の海外挑戦史【2000-2016】ステイゴールド~ラニのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!