NEW

「サトノ」セガサミー会長・里見治氏が巨額の申告漏れで国税調査! 「だからG1勝てない」の声と、スーパー馬主・金子真人氏との「比較」まで......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
satutaba.jpg

 15日、パチンコ・ゲーム機器大手セガサミーホールディングスの会長である里見治氏が、東京国税局の税務調査を受け、金融商品の売却などに関連して所得税約30億円の申告漏れを指摘されたことが分かった。

 過少申告加算税などを含めた追徴税額は十数億円となり、莫大な金額が動くこととなりそうだが、パチンコ機器の中でももっとも勢いに乗るグループのトップである里見氏からすれば、数十億円も大きなダメージではないのかもしれない。

 実際、里見氏は今年7月の競走馬セリ市「セレクトセール」で13頭を購入し、合計13億2,700万円もの大金をはたいている。馬主業を「趣味」と考えるならば、里見氏がいかに富豪かがわかるというものだ。

 とはいえ、申告漏れが許されるわけではない。パチンコだけでなく競馬ファンの間でも有名な里見氏の今回の事件に、世間からは「これではG1が勝てないはずだ」と呆れた声が目立つ。

 ネット上には「これでG1制覇が遠のいた」という声が多数。里見氏は「サトノ」の冠名でこれまで多くの高額競走馬を所有しているが、未だにG1制覇を果たしたことがない。今回の報道に際し「これでは勝てない」と言われてしまうのも仕方がないか。

 今年は日本ダービー2着のサトノダイヤモンドという「超大物」が菊花賞に照準を定め、勝つ可能性も決して小さくはない。ただ、もし仮に勝利しても「申告漏れ」のイメージがついてしまい、素直に祝えない部分もあるだろう。

「サトノ」セガサミー会長・里見治氏が巨額の申告漏れで国税調査! 「だからG1勝てない」の声と、スーパー馬主・金子真人氏との「比較」まで......のページです。GJは、競馬、サトノダイヤモンド里見治金子真人の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!