NEW

世界ランク、エイシンヒカリが首位陥落! 一方、アメリカでは「歴史的一戦」の幕が上がる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
160121_keibaxs.jpg

 最新の「ロンジン・ワールドベストレースホースランキング」が発表され、ここへきて”動き”があった。

 前回までランキングトップだった日本のエイシンヒカリ(129)は、今回も「数字は」変わらず。しかし、2位タイとなってしまった。

 1位は今年のドバイワールドカップを圧倒的な強さで制し米のカリフォルニアクローム。以前より「この馬こそ世界最強」と言われていたが、パシフィッククラシックSで米牝馬チャンピオンのビホルダー、強豪ドルトムントをあっさり下し、名実ともに「世界No.1」の玉座についた。レーティングは133という破格の数字である。

 エイシンヒカリは、仮にプリンスオブウェールズSを勝利していればさらに評価を上げた可能性もあっただろう。ただ、それでもイスパーン賞10馬身差圧勝の評価は高く、129で2位だ。

 しかし、今回のランキングの主役は決まっている。エイシンヒカリと同じく129のレーティングを得た米国の「アロゲート」に他ならない。

 アロゲートはまだ重賞1勝馬に過ぎないが、インパクトという点でいえばカリフォルニアクロームと「互角」である。重賞初挑戦となったトラヴァーズステークス(G1)をなんと13馬身差で勝利。レコード勝利だったわけだが、更新は37年ぶりというのだから驚きだ。一躍米国競馬のスターダムにのし上がったのも自然だ。

 さらに、アロゲートの「スター街道」はこのままでは終わらない。この秋、アメリカ競馬史上に残る「ビッグマッチ」が実現する可能性がある。

世界ランク、エイシンヒカリが首位陥落! 一方、アメリカでは「歴史的一戦」の幕が上がる!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!