NEW

「英断?」それとも「見切り発車?」問題山積の中、JRAが『ケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ』を急設した「表側の理由」と「裏側の理由」【前編】

【この記事のキーワード】, ,
keibakeibakeibax.jpg

 まるで日米のトップ会談だけで決定したような、電撃発表だった。

 日本中央競馬会(JRA)は13日、米国のケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ『JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY』を創設したと発表した。

 同シリーズは、11月のカトレア賞(500万下)と来年2月のヒヤシンスS(OP)の2レースの1~4着馬にポイントを付与し、合計ポイント最上位馬がケンタッキーダービーに出走可能となるものだ。

 ちなみにカトレア賞では「1着40p、2着16p、3着8p、4着4p」が付与され、ヒヤシンスSでは「1着50p、2着20p、3着10p、4着5p」が付与される。また、複数の馬が同点で並んだ場合は特別競走での獲得賞金順となる。

 これを受けケンタッキーダービーの運営を取り仕切るチャーチルダウンズ社のビル・マッド最高業務執行責任者は「日本馬がケンタッキーダービーに出走可能となる新たなシリーズをスタートさせることをとても嬉しく思っております」とコメント。

 対するJRAの後藤正幸理事長は「レース当日、馬場入場の際に響き渡る『My Old Kentucky Home』が日本にも届くことを心から誇らしく思うと同時に、来年は、私もミントジュレップ片手に日本馬の関係者と多くの観客とともにチャーチルダウンズ競馬場で高らかに歌いたいと願っております」と、すでにノリノリである。

 それにしても、あまりにも突発的な発表だった。それも、わずか2カ月後の11月26日のカトレア賞から、いきなりポイントシリーズをスタートさせるとあって、寝耳に水だった関係者も多いようだ。

 各メディアは、一様に「今春のUAEダービー(G2)を制してケンタッキーダービーの出走権を掴み、米国三冠をフル参戦したラニが道を切り開いた」と報道しているが、そんなものはただのわかりやすい”標識”であり、あくまで「表側の理由」だ。

「英断?」それとも「見切り発車?」問題山積の中、JRAが『ケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ』を急設した「表側の理由」と「裏側の理由」【前編】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?