NEW

【神戸新聞杯(G2)展望】ラスト一冠・菊花賞(G1)に向けて世代を牽引する『BIG5』のサトノダイヤモンドとエアスピネルが激突!

【この記事のキーワード】

, ,

satonodaiya11.jpgサトノダイヤモンド(競馬つらつらより)

 25日には、阪神で菊花賞(G1)の王道トライアルとなる神戸新聞杯(G2)が開催される。

 過去には三冠馬に輝いたオルフェーヴルやディープインパクトを筆頭に、菊花賞を勝ったゴールドシップやエピファネイアなど、層々たる歴史的名馬が秋初戦を迎えている伝統のトライアルレース。

 今年も世代を牽引する『BIG5』から2歳王者のリオンディーズこそ屈腱炎で戦線離脱となったが、サトノダイヤモンドとエアスピネルの激突が想定されている。

 皐月賞(G1)3着、日本ダービー(G1)2着のサトノダイヤモンド(牡3歳、栗東・池江厩舎)が最後の菊花賞(G1)に向けて、いよいよ始動する。

 春の雪辱を晴らすためにも、ラスト一冠だけは絶対に負けられない。8月下旬の帰厩から、ここまで順調に追い切りを重ねてきたサトノダイヤモンド。2週前追い切りの時点では、管理する池江調教師から「重さは感じた」というコメントがあったが、それも日を追うごとに解消しつつあるようだ。

 16日の1週前追い切りでは栗東のウッドコースで3頭併せを敢行。古馬一線級のサトノノブレスらに胸を借りる形で6ハロンを82.0、最後の1ハロンは11.4秒で締めくくった。

 全体時計こそまずまずだが、ラストの伸びはさすが。サトノノブレスに半馬身先着する姿を見守った池江調教師も「見た目には、はじける感じではなかったけど、時計を見てびっくりした」と、この馬の能力を再確認。「急仕上げの感もあるけど、来週サラッとやれば整うんじゃないかな」と手応えを感じている様子だった。

【神戸新聞杯(G2)展望】ラスト一冠・菊花賞(G1)に向けて世代を牽引する『BIG5』のサトノダイヤモンドとエアスピネルが激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!