NEW

【地方交流重賞展望・レディスプレリュード】関係者の思惑が絡み合う熱いJBCレディスクラシック前哨戦

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
chihoukeiba.jpg

 9月19日は南関東の大井競馬場でJRA所属馬と地方競馬所属馬による地方交流重賞レディスプレリュード(Jpn2)が行われる。11月3日に行われるJBCレディスクラシック(Jpn1)の前哨戦であり、関係者にとっても競馬ファンにとっても非常に重要な一戦だ。

 JRAからはホワイトフーガ、タイニーダンサーの実力馬2頭が出走。ともに地方交流重賞の勝利実績がありここでは抜けた存在。ホワイトフーガは関東オークス、JBCレディスクラシック、TCK女王盃、スパーキングレディーカップと地方交流重賞4勝の猛者。前走が58kgを背負って快勝しているだけに、57kgの今回はむしろ有利といえるくらい。昨年に続くJBCレディスクラシック連覇へ陣営の意気込みも高いだろう。

 3歳馬タイニーダンサーは地方競馬出身でJRAへ移籍した馬。エーデルワイス賞、北海道2歳優駿、関東オークスと3歳牝馬ながらすでに地方交流重賞3勝は見事な成績。ホワイトフーガに3kgの斤量差がありどこまで肉薄できるか注目される。

 他のJRA勢タマノブリュネット、フォローハート、サンソヴールは条件馬でやや格下の存在。地方とはいえ重賞に出るには実績不足といえるが、ある記者の話だと

「全体的にレベルが低下したこともありますが、馬主にとっては将来地方競馬へ移籍するために適性を探る一戦という意味もあるみたいですね。内容を見て地方の馬主にいい値で売りつけるという話もあるみたいです。JRAで頭打ちの馬を南関東に移籍させて稼ぐというのが最近のトレンドですから、今後もこういったパターンは増えるでしょう」

 という裏事情があるようだ。それなら地方代表のララベル、ブルーチッパーが面白い存在。

 ララベルは地方の東京2歳優駿牝馬、桜花賞、ロジータ記念、しらさぎ賞など重賞4勝の地方最強3歳牝馬。初の地方交流重賞挑戦だが地の利を生かしたいところ。ブルーチッパーはJRAで500万~1000万~1600万クラスを三連勝した直後に地方へ移籍した馬。地方で3つの重賞を制したほか、地方交流重賞でも2着2回3着1回の好成績。ここも勝ち負けの期待が高まる。

 馬券的にはJRA2強、地方2強による4強対決といっていいだろう。ただし日曜のセントライト記念でも2着に入るなど現在10連続で重賞連対中と絶好調の戸崎圭太騎手が騎乗するサンソヴールは、格下ながら3着候補に抑えておきたい。南関東を知り尽くす戸崎マジックには注意が必要だ。

【地方交流重賞展望・レディスプレリュード】関係者の思惑が絡み合う熱いJBCレディスクラシック前哨戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!