NEW

岡村隆史が、坂口杏里のセクシー女優転向は「借金」のみならず「整形も?」と示唆。業界では一般的か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cm0305.jpg

 ホスト通いなど夜の遊びで作った多額の借金の返済金を稼ぐために、セクシー女優としてデビューすることになったと報じられている坂口杏里。その額は、当初「500万円」と報じられていたが、坂口と交流関係があり、事務所の先輩である重盛さと美は出演したテレビ番組で「そんなんじゃない」と否定しつつ、さらに高額であることが示唆していた。

 また、この重盛の告白のニュースを受け、ナインティナインの岡村隆史は、22日深夜に放送された自身のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で、騒動に言及している。

 岡村は重盛からこの件について、いろいろと聞いていたとし、暗い口調で「まあ、大変やと思いますよ」と話しだした。だが、ホストクラブだけで多額の借金ができたことを疑問視し、「恐らくは、他にお金を使うところがいっぱいあったんじゃないかな、と思いますが」「ホストクラブに行くため、自分も綺麗になりたいっていうのもあったでしょうしね」と、持論を展開していた。

 岡村は過去にも自身のラジオ番組で、聞いた話としながらも坂口の美に対する姿勢に対し、「なんなら『整形もしてみたい』っていうか、『キレイになるんだったらどんなことでもしてみたい』って感じやったみたいよ』と発言していた。

「日刊ゲンダイ」には「AVが女性の”駆け込み寺”になる理由」なる記事が掲載されており、それによれば、およそ3割が金策を目的として、業界入りするという。また中には整形費用目当てにデビューを決意するものもおり、依存症になると、目、鼻、顎などに手を加え始めるそうだ。

岡村隆史が、坂口杏里のセクシー女優転向は「借金」のみならず「整形も?」と示唆。業界では一般的かのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事