NEW

フジテレビがやらかした…… 『みんなのKEIBA』でレース中、映像が突然「スタジオ」に! 女子アナの「あり得ない態度」にファン激怒!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fujiterebi0325.jpg

25日の『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)では、クラシック菊花賞の前哨戦・神戸新聞杯(G2)と、古馬が激突するオールカマー(G2)と2レースが放送された。

 秋競馬の「本格開幕」を告げるレースとして重要な一戦。神戸新聞杯がサトノダイヤモンド、オールカマーがゴールドアクターと1番人気馬が見事に勝利。秋の活躍を期待できる見事な走りを見せた。

ただ「いよいよ秋競馬だ!」とファンが大いに盛り上がる中、それに明らかに水を差すような出来事が起こってしまった。

それは『みんなのKEIBA』の放送中。オールカマーの「レース中」であった。当然ながら映像はオールカマーのレース中継を流していたが、最後の直線、ゴールドアクターが満を持して先頭をうかがおうとした瞬間である。

 さあこれから!というところで、突然画面が「スタジオ」に。一瞬、視聴者は何が起こったのか理解できなかったところだろう。レース映像が突然、同番組のMCである佐野瑞樹アナウンサーと竹内友佳アナウンサーの姿に切り替わったのだから。

 スタジオの映像は約2秒ほどで終わり、即レース映像に戻る。レースはサトノノブレスとゴールドアクターの壮絶な叩き合いが映っていた。ゴールドアクターが最後見事に競り落とし勝利したものの、視聴者の気持ちは別にあったのではないか。

 映像自体が誤って切り替わってしまった、しかも大事なレース中に。この時点でかなり「やってしまった」感があるが、何事も完璧というものはないので、そこを責めまくるつもりはない。愕然としたのは、スタジオ映像に映ったアナウンサー2人の「姿」である。

フジテレビがやらかした…… 『みんなのKEIBA』でレース中、映像が突然「スタジオ」に! 女子アナの「あり得ない態度」にファン激怒!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!