NEW

競馬で珍事「同着の時は、オッズがだいたい半分になる」は勘違いか……スズカフロンティアの単勝「11.5倍」的中のはずが、数分後わずか「2.2倍」の払戻しになった理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keibakeiba.jpg

「単勝11.5倍的中」というのは、馬券的には”中穴”に該当するのではないだろか。しかし、その中穴を的中させた快感が、わずか数分後に”悲劇”に変わってしまう珍事が起きた。

 1日に行なわれた、阪神5Rの新馬戦のことだ。昨年のセレクトセールで1億9500万円(税抜き)と約2億円を記録した良血馬サトノアーサーのデビュー戦として注目を集めた一戦だが、その前評判通り人気はサトノアーサーが「単勝1.1倍」と圧倒的な支持を集めた。

 しかし、このレースの「主役」は1頭だけではなかった。

 最後の直線に入ってまず先頭に立ったのは、3番人気のスズカフロンティア。3番人気とはいえ、サトノアーサーが断トツの人気を集めていたので単勝は11.5倍もつく。スズカフロンティアの単勝を買っていたファンは、手に汗を握って応援しただろう。

 しかし、直線入り口では立ち遅れたサトノアーサーも、伊達に単勝1.1倍を背負った馬ではない。残り200mを切ったところで、ようやくエンジンが掛かると一完歩ごとにスズカフロンティアに迫る。

 最後は、後続を大きく突き放しての2頭のマッチレース。スズカフロンティアが粘り込もうとしたところに、ギリギリでサトノアーサーが並んだところがゴールだった。

 大勢は若干ながら前にいた分、スズカフロンティアが有利に見えたが、とても肉眼では判断できないほどの際どい勝負。数分の写真判定の後、現れた2頭の着差に「同」という字が刻まれた。

 つまり、このレースは「1着同着」で勝ち馬が2頭いたということだ。

競馬で珍事「同着の時は、オッズがだいたい半分になる」は勘違いか……スズカフロンティアの単勝「11.5倍」的中のはずが、数分後わずか「2.2倍」の払戻しになった理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!