NEW

【京都大賞典(G2)展望】覇権を目指して春の天皇賞馬キタサンブラック堂々始動!昨年ワンツーのラブリーデイ&サウンズオブアースの逆転は!?

【この記事のキーワード】

, ,

kitasan.jpgキタサンブラック(競馬つらつらより)

 体育の日となる10日(祝)の京都大賞典(G2)で、春の天皇賞を制したキタサンブラックが始動する。最近は毎日王冠(G2)にお株を奪われてすっかり低迷した京都大賞典だが、昨年の覇者ラブリーデイが久々に天皇賞・秋(G1)を制して存在感を発揮したばかり。

 今年も昨年の1、2着に加え、キタサンブラックが出走する興味深いレースとなりそうだ。

 昨年の菊花賞(G1)に加え、今春の天皇賞・春(G1)と新たなタイトルを上積みしたキタサンブラック(牡4歳、栗東・清水厩舎)は、今や競馬界を牽引するスターホースに登りつめた。

 天皇賞馬として挑んだ前走の宝塚記念(G1)では果敢にハナを奪ったものの、最後の最後でドゥラメンテとマリアライトの強襲に遭い3着。だが、厳しいペースの中で各馬に目標にされながらも大きく崩れなかった走りは、負けてなお強し。この馬の評価を確固たるものにした。

 先月29日に行なわれた1週前追い切りでは、栗東のCWコースで6ハロン80.7秒、ラスト12.7秒と軽快な動きを披露。併せ馬との併入を見守った清水久調教師は日刊スポーツの取材に対し「いつも通り前に目標を置いてしっかりと。毛ヅヤもいいし、体もふっくらして張りがある」と順調さを強調している。

 この秋は武豊騎手とのコンビで、ここからジャパンC(G1)と有馬記念(G1)に参戦予定。ここは、天皇賞馬の貫録を見せつけたいところだ。実はこの馬、これだけの戦績で今まで1番人気が一度もない珍しい馬だが、その記録もさすがにここで途絶えそうだ。

 春はキタサンブラックに完敗したが、この舞台ならラブリーデイ(牡6歳、栗東・池江厩舎)も負けてはいないはずだ。

【京都大賞典(G2)展望】覇権を目指して春の天皇賞馬キタサンブラック堂々始動!昨年ワンツーのラブリーデイ&サウンズオブアースの逆転は!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!