NEW

福山雅治、映画『SCOOP!』も「大コケ」で芸能生命大ピンチ!? ネガティブ面ばかりが取りざたされる「本当の理由」

【この記事のキーワード】

, ,

terebi.jpg

 1日に公開された福山雅治主演映画『SCOOP!』が苦戦している。

 福山が芸能スキャンダル専門のカメラマンを演じる今作は、二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキーらが脇を固める豪華な布陣で臨んだものの、動員は2日間で12万7000人にとどまり、興行収入は1億5600万円と伸び悩みを見せた。ランキングでは、公開6週目ながらも2日間で65万人を動員した『君の名は。』、ニューヨークで起こった航空機事故映画化した『ハドソン川の奇跡』、聴覚障害を持つ少女と彼女へのいじめに加担していた少年の物語である『映画 聲の形』の後塵を拝している。

「2013年に公開された福山主演の前作『そして父になる』と比べると、今のところ興収は約50%減です。また、福山は主演した月9ドラマ『ラヴソング』も全話平均視聴率は8.5%とまったく振るわず、月9ドラマ史上最低記録を叩き出しています。図らずも、映画にしろ、ドラマにしろ福山の人気の下降が如実に出てしまった形になってしまいました」(記者)

 今回の映画で起死回生を図りたかったはずだが、出足はあまりよくないようだ。それにしても兎にも角にも、最近の福山は不運に見舞われている。

福山雅治、映画『SCOOP!』も「大コケ」で芸能生命大ピンチ!? ネガティブ面ばかりが取りざたされる「本当の理由」のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!