NEW

「文春砲」が最悪のタイミングで投下!? 片岡愛之助との結婚式内幕は「苦笑いだらけ」藤原紀香の受難は続く

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kekkon03333.jpg

 9月23日に歌舞伎俳優・片岡愛之助と挙式し、28日には東京・帝国ホテルで結婚披露宴を行った藤原紀香。だが、再婚にもかかわらず藤原が白無垢を着ていたことや、披露宴が総額5億円ほどかかったといわれるド派手婚だったことなどから、一部では嘲笑の声が上がっている。

「引き出物が家紋入りの水素水生成器だったことや、司会の徳光和夫が禁句とされていた『再婚』という言葉を使ったことなど、思わず苦笑いしてしまうような出来事には事欠かない状況だったようです。また、藤原のブログでの浮かれっぷりも加わり、ネットでは絶好のネタとして扱われているようで……」(芸能ライター)

 そんな状況の中、3日、藤原は新橋演舞場で開幕した「十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門」に愛之助とともに来場し、梨園の妻として仕事を行った。会場では贔屓客にも挨拶を行い、詰めかけた報道陣に感想を問われても「きょうは妻としての仕事なのでコメントはごめんなさい」と一歩引いて夫を立てる対応するなどこれまでとは違った姿を見せたという。だが、関係者たちの中にはまだ不安を覚えるものの少なくない。

「まずはうまくいったように思えますが、梨園の妻は、夫のスケジュール管理から、舞台の案内状、礼状の制作なども仕事のひとつとされています。藤原は芸能の仕事も続けるようですし、このようないわば裏方的な作業をきちんと行えるか不安視されているんです。もちろん、これ以外にも覚えなければいけない独自のしきたりは山のようにありますしね。また結婚する際、我の強さを押さえようとする姿がたびたび見受けられていましたが、あまりうまく行っておらず、どちらかと自身が前に出る姿勢が目立っており、顔をしかめるものもいたそう」(芸能記者)

「文春砲」が最悪のタイミングで投下!? 片岡愛之助との結婚式内幕は「苦笑いだらけ」藤原紀香の受難は続くのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!