NEW

皐月賞馬ディーマジェスティを追い詰めたゼーヴィントの「代打」が菊花賞出走へ!遅れてきた「大物ステイヤー」が昨年の「菊花賞ジョッキー」とコンビ結成か!

【この記事のキーワード】

, ,

kamisama.jpg

 根気よくどこまでも伸び続ける末脚が、この馬の真骨頂だ。

 神戸新聞杯(G2)、セントライト記念(G2)などのトライアルレースが終了し、いよいよ出走メンバーが固まってきた今年の菊花賞(G1)。『史上最強世代』といわれるほどハイレベルな今年の3歳牡馬のクラシック最終戦だが、レースを3週後に控えた先週になって、ラスト一冠に”滑り込んできた”素質馬がいる。

 2日の阪神9R兵庫特別(1000万下、芝2400m)を勝利したシュペルミエール(美浦・木村厩舎)である。

 阪神外回り長い直線の先に、菊花賞へつながる「道」が確かに見えていたのだろうか。逃げ粘る同世代のサトノエトワールを、外から一完歩ずつ追い詰めるシュペルミエール。鞍上の北村宏騎手のゲキに応え、最後はねじ伏せるように3/4馬身だけ前に出た。

「スタートはゆっくりでしたが、距離もありますから道中ゆっくりとリズムよく運びました。4コーナーの反応も良く、最後まで根気よく伸び続けてくれました。この距離も合っています」と鞍上が相棒を労えば、管理する木村哲也調教師も「菊花賞に使いたい希望もあって、このレースを使いました。折り合いに問題はありませんし、順調なら菊花賞へ」とコメント。

 重賞を2勝したアルビアーノの活躍など、昨年辺りから頭角を現してきた木村厩舎の今年の3歳牡馬といえば、先日のセントライト記念で2着して菊の切符を掴んだゼーヴィントがいる。

皐月賞馬ディーマジェスティを追い詰めたゼーヴィントの「代打」が菊花賞出走へ!遅れてきた「大物ステイヤー」が昨年の「菊花賞ジョッキー」とコンビ結成か!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事