NEW

2016凱旋門賞馬ファウンドが日本のエリザベス女王杯に!? 「肩透かし」の可能性大も、期待を持ってしまう「要素」はかなり多く……

【この記事のキーワード】, ,
gaisenmon.jpg

 2日の仏G1・凱旋門賞を制したアイルランドのファウンド(牝4 オブライエン厩舎)が、11月13日に京都競馬場で開催されるエリザベス女王杯(G1)に予備登録を行ったことがわかった。

 凱旋門賞をインコースの競馬から見事に勝利したファウンド。日本代表として挑戦したマカヒキどころか、ポストポンドなど欧州の強豪を完全に置き去りにした競馬は見事だった。そんな「世界最強牝馬」が、日本のエリザベス女王杯にやってくるとなれば、それはもう大騒ぎなわけだが……。

 こういった登録後、最終的に世界の強豪が日本のG1レースに出走するという例は少なく、あくまでも「候補の一つ」として登録している場合がほとんど。世界的に見ればブリーダーズカップが開催される米国遠征を選択する場合が多いのが実状であり、今回も期待薄な部分はある。

 ただ、このファウンドに関しては「もしかしたら」と期待してしまう理由がいくらかあるのも事実だ。

 まず、このエリザベス女王杯は、ここ数年の間に「2度」外国馬が勝利している。2010年の英愛オークスをダブル制覇したスノーフェアリーの連覇である。

 スノーフェアリーは3歳時に同レースに出走し、2度ともレベルの違いを見せつける形で勝利。1度目は最後の直線で次元の違う末脚を発揮して、3冠牝馬アパパネや油が乗っていたメイショウベルーガを楽々粉砕。2度目の挑戦においても、ゴール直前で突然「ワープ」のように脚を伸ばし、連覇を果たしている。

2016凱旋門賞馬ファウンドが日本のエリザベス女王杯に!? 「肩透かし」の可能性大も、期待を持ってしまう「要素」はかなり多く……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!