NEW

ラスト一冠・秋華賞(G1)は東のビッシュVS西のジュエラー!有力馬の相次ぐ離脱で勢力図が激変した3歳牝馬クラシックのフィナーレは果たして

【この記事のキーワード】

, ,

shounanpanndora.jpg2014年の勝ち馬ショウナンパンドラ(競馬つらつらより)

 この秋に桜花賞馬ジュエラーが戦線復帰を果たしたが、入れ替わるようにNHKマイルC(G1)を勝ったメジャーエンブレム、オークス2着のチェッキーノが離脱。さらにはトライアルのローズS(G2)を勝利し、秋華賞の大本命を不動のものにしていたシンハライトまで屈腱炎でリタイア。

 3歳牝馬クラシック最後の一冠・秋華賞(G1)は、一転して混戦ムードとなっている。

 だが、それでも本命は春の実績組に変わりはなさそうだ。今年から重賞に格上げされた紫苑S(G3)を完勝したビッシュ(美浦・鹿戸厩舎)がラスト一冠獲りに大きく名乗りを挙げている。

 前走の紫苑Sは、春からの大きな成長を感じさせる圧巻の内容だった。道中こそ14番手と後方からの競馬になったが3コーナーを迎えたところで、まくり気味に進出。先頭に並びかける勢いで直線を迎えると、あとは後続を突き放す一方。最後は流して重賞初制覇を飾った。

 鞍上の戸崎圭太騎手が「本番に向けて楽しみになりました」と話すのも当然か。このまくり勝ちは、直線の短い京都内回りで行なわれる秋華賞に繋がりそうな内容だった。

 1週前追い切りでは美浦のウッドコースで併せ馬を相手に先行して併入。4ハロン54.0秒、ラスト13.2秒は目立った動きではないが、管理する鹿戸調教師は「1週前としては上々」と順調にきていることを強調。京都への輸送が控えているが、最終追い切りの動きには注目したい一頭だ。

 オークスで先着を許したシンハライトもチェッキーノもいないが、仮に健在だったとしても逆転できるのではないか。「G1級」といわれる前走の内容がフロックでないことを、この本番で証明したい。

 そんなひと夏で急成長を遂げた今のビッシュを真っ向勝負で跳ね返すことができるのは、完全復活した時のジュエラー(栗東・藤岡厩舎)だけなのかもしれない。

ラスト一冠・秋華賞(G1)は東のビッシュVS西のジュエラー!有力馬の相次ぐ離脱で勢力図が激変した3歳牝馬クラシックのフィナーレは果たしてのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!