NEW

新垣結衣『逃げ恥』が2ケタ視聴率発進も、注目はあくまで「ダンス」!? ガッキーが可愛すぎるが故の「弊害」と、だからこその「チャンス」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gakki-.jpg

 11日に第1話が放送された『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の平均視聴率が10.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが分かった。

 大学院修了ながら就職活動に破れ、派遣社員になるも切られてしまうなど、社会人として歯がゆい日々を送るみくり(新垣結衣)と、恋愛経験のないサラリーマン津崎(星野源)が、みくりが主婦という”職業”につくために「契約結婚」するラブコメディ。給料が出る主婦として定職に就くというわけだ。原作は講談社発行の漫画である。

 近年のドラマは一桁スタートが当たり前のようになっているが、2桁スタートを切ったことで好意的に受け止められているようだ。これまでドラマで安定して視聴率を獲得してきたガッキーだけに、その効果が出たということか。

 ただ、注目されたのはドラマの「内容」より「エンディング」だったようで……。

「エンディングは星野の歌う『恋』(ビクターエンターテインメント)ですが、そのPVと同じ振り付けで主要キャストがダンスするという内容なんですが、とにかくガッキーが『悶絶級にかわいい』と評判です。ドラマそのものよりも注目を集めていますよ。曲を出した星野もウハウハといったところでしょうか」(記者)

 ドラマ内容も「面白い」「テンポが悪くない」と高評価する視聴者も多い模様。ただ、どうしてもガッキーのドラマ作品にはある種の「弊害」があるそうだ。

新垣結衣『逃げ恥』が2ケタ視聴率発進も、注目はあくまで「ダンス」!? ガッキーが可愛すぎるが故の「弊害」と、だからこその「チャンス」のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!