NEW

武豊騎手を巡るコパノリッキーとアウォーディーの「ダート頂上決戦」にも影響が……開催地によって距離が変化するJBCシリーズだからこそ生まれる様々な「ドラマ」

【この記事のキーワード】, ,

 現在、武豊騎手は先月28日に開催された日本テレビ盃(G2)をアウォーディーで快勝した際「次は、(JBCの開催される)川崎で会おうディー」と言い残しているだけに、順当に行けばJBCクラシックでアウォーディーに騎乗予定となる。

 それを受けて、12日後の南部杯を快勝したコパノリッキー陣営は、武豊騎手を諦めてでも3連覇のかかるJBCクラシックに進むか、それとも武豊騎手の確保を優先してJBCスプリントに進むかという選択を迫られている。

 そんな悩みが発生したのも、川崎開催となる今年のJBCスプリントが1400mで行なわれるからだ。

 コパノリッキーは古馬になってから一度も1600m未満のレースを使ったことがなく、もしもJBCスプリントが本来の1200mであれば迷わずJBCクラシックを選んでいただろう。しかし、レコードで勝った前走の南部杯を含め、マイル戦であれだけ強い競馬をしているコパノリッキーであれば、200mだけ短い1400mなら何とかなるのでは……陣営はそう考えたのだ。

 どうやらコパノリッキーは、最終的に南部杯で騎乗した田辺騎手でJBCクラシックに進むことが濃厚となっているが、両雄が激突するこの一戦は秋のダート戦線を占う上で極めて重要な戦いになりそうである。

武豊騎手を巡るコパノリッキーとアウォーディーの「ダート頂上決戦」にも影響が……開催地によって距離が変化するJBCシリーズだからこそ生まれる様々な「ドラマ」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
4秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
7「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
8ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
9年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?
10「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?