NEW

凱旋門賞馬ファウンドも登場する英国競馬の祭典・英チャンピオンズデー。その見どころの紹介

【この記事のキーワード】, ,
160121_keibaxs.jpg

 日本では秋競馬がようやく本番という事でG1秋華賞が行われるが、英国競馬の平地シーズンは終了に近い。今週はアスコット競馬場で「英国チャンピオンズデー」が行われる。

 凱旋門賞への出走可能性などにより各メディアでも取り上げられた馬が出走するため、来年以降の海外馬券のヒントとなれば幸いである。

 英チャンピオンSには凱旋門賞馬ファウンドが出走を表明しており、あれだけ激しいレースから中1週で出走するタフネス振りだ。

英チャンピオンS(芝2000m)

 主役は凱旋門賞馬ファウンド、ではなく愛チャンピオンSでファウンド以下を差し切った仏ダービー馬アルマンゾール。

 来年は凱旋門賞かもしれないが、今年に関しては予定通りパスして英チャンピオンSへ出走してきた。

 前走は追い込みがペース含めてはまった感じはしないでもないが、それでも差し切ったのは事実。英愛の3歳馬の不振が目立つ中、仏ダービー馬が権威を保てるかに注目だ。

また、昨年の勝ち馬であるファスティネイションズロックは2ヶ月振りのレースになる。前走のロイヤルウィップS(G3)は2着だったが、その時は約3カ月の休み明け。

 使い詰めるタイプではないものの、今年に入ってまだ4戦目であり、昨年に比べると使われて仕上がってきた感じはしない。

 他にはニエル賞でマカヒキの2着だったミッドタームや、英ダービー2着馬のユーエスアーミーレンジャー、昨年の愛ダービー馬ジャックホッブスは骨折明けの1戦となる。

凱旋門賞馬ファウンドも登場する英国競馬の祭典・英チャンピオンズデー。その見どころの紹介のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  5. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  9. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  10. JRA今村聖奈「裸同然」48キロのレコードV! 女性騎手として重賞初体験で勝利も…CBC賞(G3)「コンクリート化」馬場には“ヤリ過ぎ”の声