NEW

国枝栄厩舎が秋華賞(G1)のフロンテアクイーンで必殺の「栗東留学」敢行!勝負所を前に強いられた「屈辱のエビダンス」の真相とは

【この記事のキーワード】, ,
kamisama.jpg

 関東の国枝栄厩舎。

 2010年にアパパネで牝馬三冠を成し遂げたことが有名な名門厩舎だが、こと「G1」となると馬連12万馬券を演出した安田記念のブラックホーク、有馬記念でG1初制覇を飾り世間を驚かせたマツリダゴッホ、17番人気でNHKマイルCを勝利して大波乱を起こしたピンクカメオなど、とにかく「一発」の印象が強い。

 それに加えて国枝厩舎といえば、やはり「栗東留学」だ。

「栗東留学」とは管理馬が関西に出走する際、普通よりも早めに現地入りして輸送のリスクを最小限に抑える手法であり、国枝厩舎はそのパイオニア的な存在である。

 多くの競馬関係者が「国枝厩舎が栗東留学をした」というだけで警戒を強めるほど、その効果はテキメン。2009年のマイネルキッツの天皇賞・春(G1)制覇を始め、桜花賞(G1)や秋華賞(G1)など関西圏でのレースが多い牝馬三冠においても、アパパネの大記録達成に大きな力を発揮。強豪ぞろいの関西馬を震え上がらせた。

 無論、栗東留学はそれだけの厩舎スタッフを割いて早めに現地入りさせるため、そうそう簡単に行えるものではない。国枝厩舎としても本当に「勝負になる」と見込んだ時だけ行なう”切り札”だ。

 その上で、今週の秋華賞(G1)に向けて国枝厩舎が栗東留学を行なわせ、一足早く現地入りしている馬がいる。紫苑S(G3)で3着だったフロンテアクイーンだ。

国枝栄厩舎が秋華賞(G1)のフロンテアクイーンで必殺の「栗東留学」敢行!勝負所を前に強いられた「屈辱のエビダンス」の真相とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々